スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイアンマン(真のアメコミヒーロー)

「アイアンマン」はアメコミヒーロー物としての王道的映画です。意外にもそんなアメコミ映画は少ない。内容が暗かったり、主人公が悩んだり。そんなヒーローものは、はっきり言って必要無し!
主人公トニー・スタークは、あっけらかんと自分がアイアンマンだと公に公表しちゃうような主人公です。最高です。必至で正体隠すヒーローとは一線を画してます。天才学者で一人でパワードスーツ作っちゃいます。(ありえねぇ!)そうです、かつての日本のアニメのテイストです。天才科学者と熱血ヒーロー、それを一人で背負ってます。
 もうこれだけでこの映画は他に類をみない、傑作を臭わせます。よく考えてください。こういったあたりまえのヒーロー映画が最近ほとんど無かったのです。それをこのアイアンマンは取り戻してくれました。
で、マニアでも面白く見れるのはスーツの開発過程を丁寧に描いているからです。もうこれはメカマニアにはたまらないシーンです。アークコアとか訳の分からないオーバーテクノロジーなど気にもなりません。リアルに描写されるスーツに魅了されっぱなしです。もう最高です。完璧です。ケチの付けるところが無いです!(ケチの付ける所があれば教えてほしいです。)
 さて、そろそろ冷静に評論していきましょう(笑)。
まずこのアイアンマンという映画、まれにみる凄まじく完成度の高い超傑作映画です。アメコミ系の映画は等身大ヒーローがメインですが、スーパーマンは例外として、どれもこれも激しく超人として描きすぎていました。あまりに強すぎて観ていて冷めてしまうのです。(スパイダーマンやハルク等、迫力あるシーンを描きたかったのでしょうが、私に言わせれば興醒めです。)実際原作では本当に強いのでしかたないのですが、マンガやアニメを実写でそのまま描いてしまうとだめです。いくらスクリーンの中とはいえ、物理空間の中で物理法則を無視しすぎると、滑稽なシーンになってしまいます。その点、リアルさにこだわったジョン・ファブロー監督は偉いです。あり得ない程の無茶な演出はさけて存在感を際出させています。それにこの監督、CGがあまり好きではないそうで、できるだけCGを使用しないで撮影されています。なんでもかんでもCGにしてしまう最近の映画とは違います。そこでジュラシックパークやターミネーターなどの模型製作で名を馳せた、スタンウィストンスタジオががんばってくれてます。(スタンウィストンは惜しくもアイアンマンが遺作になってしまいましたが。)
 この映画のもう一つの主人公はパワードスーツなのですが、これがまたよく出来ています。見た感じあり得ないようなデザインなのですが、実際に可動できるようにデザインされています(着ぐるみという意味で)。トランスフォーマーの様に実際の車の部品を再構成してデザインしたのと違い(それはそれで凄い労力なのですが、見た目重視で機構はまったく無視されています)、各関節等、すべて破綻しないよう計算されています。
 アメコミにダークナイトのようなストーリーは必要なし!ダークナイトという映画にバットマンが登場する必然性が感じられない。しかしアイアンマンは違う。まずパワードスーツありきの映画です。それ意外はどうでもいいのです。つっこみどころ満載のストーリーなど日本の70年代特撮を彷彿とさせ好感度大。たとえばシリアスと思われたウルトラセンブンやキカイダーを今一度観てください。あまりのつっこみどころ満載にギャグドラマかと思えます。(これが70年代に本特撮の面白さの根源なのです。)アイアンマンは60年代の原作に70年代特撮の醍醐味、そして最新技術の特撮がうまくミックスされた傑作映画です。実にバランスが良い。
特撮や編集に詳しければ、この映画の完成度に驚愕するはずです。最近CGと特撮の区別がつかない輩が多くてこまったちゃんですが、この映画は実に上手く、両方をミックスさせていて、ある種、現時点での特撮の理想だと思います。(マキノ)







 

 

 

スポンサーサイト

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

エイリアン SF&ホラー考察

「エイリアン」がホラー映画か否かは非常に難しい問題ですが、映画全体の構成から考えると「ホラー映画の手法で撮られたSF映画」というのが正解だと思います。「エイリアン」によってSFホラーなるジャンルが定義されたような感がありますが、もともとSFにはホラー的要素があるので、怖さを前面に押し出したからと言ってこの映画を特別視しなくてもよいのではないか、単にSF映画でよいのではと思うのです。
ホラー映画の定義はもともと恐怖感を楽しむ、誤解を恐れず言ってしまえば、お化け屋敷的なアトラクション映画であり、いわゆるB級映画の王道として進化してきました。アトラクション映画という意味ではSFもまた然りで、多くのB級映画がつくられてきて、「2001年宇宙の旅」「スターウォーズ」「未知との遭遇」等で大作メジャー主義にい転ずることになりますが、ホラー映画も同様に「エクソシスト」「オーメン」等で大作映画(エクソシストはエイリアンよりも制作費が高額)として成り立つようになっていきます。
で、エイリアンですが、一般の人には、やたら怖い映画なのでホラー映画という印象がつよく残ってしまい、ホラーのレッテルを貼られてしまいますが、ホラーと呼ぶにはあまりにもSF的完成度が高く、確かに怖がらせるという意味ではホラーなのかもしれませんが、それ以外はそこらへんのSF映画がふっとぶほどのSF映画です。あまりにもSF純度が高いので、筆者的には全然ホラーには思えなくて単にSFにしか見えないのですが。

「バルカン星のダースベーダー」氏の評で映倫によるエイリアンの姿が映るシーンのカットに関する話がありますが、この話を筆者は知らなかったのですが、それ以前に(筆者の資料によれば)リドリー・スコット監督はエイリアンのデザインが非常に人間っぽいのを嫌がっていたそうです。、事実、エイリアンスーツを使用しての撮影なので、着ぐるみ感は否めません。人の入った着ぐるみなど興醒にしかならないので、リドリー監督は全身をはっきり映すことを嫌いました。部分アップや、ライトの点滅によりはっきり姿を見せない。これによりどんな相手なのかわからないことで、より恐怖感が高められたのです。もしエイリアンの姿がはっきり映っていたならば、エイリアン2のように恐怖感とは無縁の映画になっていたことでしょう。そうそう、「SFホラー」はエイリアンだけで、後の2、3、4は全然ホラーではなく普通にSFです。特にエイリアン2は単体として見るならば良い作品なのでしょうが、続編と考えるとあまりに1と違いすぎて(あまりに普通すぎて)やはり1だけを特別扱いしたくなります。筆者的には2はダメ映画です(エイリアンという冠を付けている限りにおいて)。せっかく「SFホラー」なる新ジャンルを開拓した1作目を全然活かしていません。これは言ってしまえば1作目に対する冒涜です。こういう場合にいおいてアプローチの変更は許されないと思います。とにかくエイリアンの扱いがたんなる怪獣であり、恐怖のかけらもありません。また奇才ギーガーも製作にまったく絡んでいないので、エイリアンのデザインが良くないです。キャメロンによるエイリアンのデザインは普通に異性生物であり、「1」でこだわった「悪夢の中にでてくるイメージ」感はまったくないです。それでも筆者はエイリアン2が好きです。それはパワーローダーが登場するからです。「無類のパワードスーツ好き」を公言している筆者はそれが登場するだけでOKなのです。エイリアン2の世界感でのテクノロジー文化において、パワーローダーはあまりにローテクなのですが(だって合成人間をつくれるテクノロジーがあるのにですよ)そんなことはどうでもいいです。しかしパワーローダーの撮影もパワーローダー自身が着ぐるみであり、リプリーとの二人羽織で撮影されたのはおどろきのローテクです。
(マキノ)








 

 

 

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

エイリアン2

さてさて今回は、「エイリアン2」である。前作の「エイリアン」が、世界中で大ヒットしたので、当然、第2作目が企画されたわけであるが、ウォルター・ヒルを始めとする、プロデューサーたちは、絶対にヒットさせなければならないということで「自分たちの思い」と「会社からの命令」を含めて考えて、慎 重に監督を選んだのが、ジェームズ・キャメロンであった。その結果、ご存じのように映画は大ヒットしたのだが、マキノ氏のような、「1」が好きなファンからは総スカンを喰らってしまった。確かに、「1」の好きなファンの言うこともわかる。あんなに、バンバン登場させるというか見せてしまうと、エイリアンが持 つ「神秘性」が無くなってしまうからだ。ねえ!マキノ氏!、しかし、「2」の方が好きだと言うファンの「アプローチが違うから」、と言うことも理解できる。「1」の「宇宙ではあなたの叫びは誰にも聞こえない」に対して「2」は正に、対異星人の白兵戦を描いた「今度は戦争だ!」であるからだ。で、私はどないや ねんと言うと、冷静に「2」を見た場合、見ている時はおもしろいが、「SF&ホラー映画」として見た場合は残念ながら、そのディテールの差から、「1」の方に軍配が上がると思う。その前に私は157分の、いわゆる完全版を基に話を進めることを、初めにお断りしておくが、まず、「2」は「1」より、57後の世界なのである。なのに、あの、第二次世界大戦の兵士のような、「宇宙海兵隊」の出で立ちは何なのだろう?もう少し、まともな宇宙服のような戦闘服は無いのだろうか?武器にしても、マシンガンのお化けのような、M56スマートガンか何か知らないが、鉛で出来ている弾丸など いつまでも使うのだろうか?相手は異星人なのに、だ。光線銃(レイガン)の方がシックリ来ると思うが。それに、今ですら、すでに、ピストルで原子爆弾が撃てる時代が来ると言われているのに、わざわざ軌道上からの核攻撃というのも解せない(結局、出来なかったけど)。エイリアンを倒せるかどうかわからんが、生物のみを殺傷できる中性子爆 弾を知らんのか?核融合炉と同じ仕組みになっていると言う、環境システムの施設も、57年後の世界やったらクリーンなエネルギーで制御できると思うし、軍人と民間人だけで出発して、科学者を連れて行かないのも、よくわからない。みんな科学者並みに頭がよければ別だが、不測の事態が起きればどうするのだろうか?初代「 ウルトラマン」に出て来た、岩本博士のような人を連れて行けば、あの「宇宙恐竜ゼットン」を倒した「マルス133(これ、試作品やったんでっせ!)」のような爆弾を即席で作ってくれて助けてくれるかも知れないではないか。飛行機?戦闘機?爆撃機?を遠隔操作せな、あかんかったにしても、非常用で携帯できて操作できる もんぐらいないのか?ビショップも、わざわざ、あんな、「ダイ・ハード2」のジョン・マクレーンみたいにパイプ(やったっけ?)の中を這って行くようなことせんでも、57年も経ってるんやから、ジェット噴射で空を飛べるぐらいなってなかったら、あかんと思うよ。「ロケッティア」て、いつの時代の話か知ってる?そうそ う、忘れてた。あの、リプリーとニュートと海兵隊が乗ってた装甲車も、あれでは納得できません。レーザービームまでとは言いませんが、ミサイルかバルカン砲ぐらい発射しろよ、て思います。あれでは、さっきの「2」じゃなくて「1」の「ダイ・ハード」とか「西部警察」に出た装甲車とほとんど同じです。東宝自衛隊なんか 、遥か昔の60年代に、「メーサー殺獣光線車」とか持っているのにです。でも、ホンマに嫌やったのは(笑)あの、クイーン・エイリアンだ。キャメロンが自らデザインしたのもあって、威厳さがあって強そうだが、エイリアンを蜂か蟻のような存在にしてしまうのは、何か下等な感じがするのだが、どうだろうか?やはり、その 正体は謎のままにしておいた方が、よかったのではないかと思う。
最初の方にも書いたが、確かに、見ている時はおもしろかった。ドレイクが、エイリアンを撃ったのはいいが、血液が跳ね返ってきて、顔面や戦闘服が溶けるところや、寄生されている住民の腹部から、チェスト・バスターが出てきて仕方なく殺すのはいいが、大事な「赤ん坊」を殺されたと知って「ウォーリアー」たちが 一斉に襲ってくるところ、一体、エイリアンが何匹おるかわからないという恐怖を表している、動体探知器の存在やバリバリ撃ちまくって、弾丸がみるみるうちに激減していくセントリーガンの発砲描写。バークの策略で医務室に閉じ込められた、リプリーとニュートのフェイス・ハガーとの死闘。それに、クイーンが尻尾でビショ ップの背中を突き刺して体液を撒き散らし、両腕で体を引き裂くシーンから始まる、方や子供を死守する、リプリーのパワーローダー対、方や子供を殺された怒りに燃える、クイーン・エイリアンの大肉弾戦!(パワーローダーが歩いて響く足音が、旧版「新造人間キャシャーン」のブライキング・ボスのロボット軍団の、響く足音 と似ていると思ってるのは俺だけや!)最初の方にも書いたが、見ている時は、即ち、SFアクション映画として見ればいいとは思うのだが、「エイリアン」の続編として見ると、今一つか二つではないかと思う。当のキャメロンも「リドリー・スコットには敵わない」と言っているで、仕方がないのかな、と思わないでもない。だが 、しかし、「ターミネーター1&2」であれだけ、SFマインドを見せてくれた彼のことである。この「エイリアン2」でも彼なりのSFマインドを見せてくれようとしていたのではないかと思うのだ。とすれば、そこは、「ターミネーター」をスマッシュヒットさせたものの、プロデューサーたちとすれば、少し不安な部分があったの で脚本作りに介入し、誰でもわかる、普通の(笑)SFアクションに仕上げていったのではないかと思うのだが、私の考え過ぎだろうか?(キャメロンが脚本を書いた「ランボー2・怒りの脱出」でも、最終的にスタローンが書き換えて全然、違う趣旨の映画になったのは有名)そして、「エイリアン2」は、そのチャチな宇宙船の描写にも関わらず、他の特撮シーンが優秀であると判断されたのか、ロバート&デニス・スコタック兄弟とスタン・ウィンストンとジョン・リチャードソンは、アカデミー視覚効果賞を受賞するのである。また、この「2」からエイリアンシリーズは、どんどん悪くなっ ていくのである。個人的にはそう思う(笑)

当時、旧雑誌「宇宙船」で「エイリアン2」の公開時に「エイリアン2」は原題が、「ALIEN2」でなく「ALIENS」だから「ALIEN³」の方を「エイリアン2」にしなければならない、とあったのだが、何を言わんやである。そんなもん、普通に映画を見る人たち に取っては2本目が「2」で3本目が「3」なのである。マニアは、たまに訳のわからんことを言うので困る。えっ?お前もそうや!って、ごめんなさい。というわけで、当然、次回は「エイリアン³&4」になると思いきや、「トワイライトゾーン」にしようかなと思いますが、さて、どうなることやら・・・・・。
(バルカン星のダース・ベイダー)







 

 
 


テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

エイリアン(後編)

一般的に「エイリアン」はSF映画だと言われているが、厳密に言うと、それは少し違う。正しくはSFホラー映画である。この「SFホラー」の「SF」の部分が実は「エイリアン」において大変、重要な役割を果たしている。
それが、即ち、冒頭のブリザードが吹き荒れる惑星にそびえる奇怪な宇宙船と、その宇宙船の内部の描写や、実はアッシュが会社の密命を遂行する合成人間で、リプリーを襲いパーカー&ランバートと死闘を演じ破壊されるところ、ノストロモ号の巨大感を現す描写やDVDの日本語吹き替え版は見ていないので、わからないが 、テレビ版では『おふくろさん』(モリシンイチか!)になっていた搭載コンピューターのマザーとの会話、そして極めつけは、ノストロモ号の思いっ切り時間が掛かる(笑)爆破セットと凄くリアルな、その爆破シーンである。特にこの爆破セットと爆破シーンは、本当に、例え否応なくであっても、船を爆破するというのは 「ヤッターマン」のボヤッキー風に「ポチっとな!」でボタンを押されて爆破すれば、とんでもないことになるので、あんな大きな貨物船を爆破しようとすれば、あれぐらいの長い手順は必要なのだが、その描写を取り入れたのは、やはり斬新で凄いと思うし、爆破シーンも船の規模から考えて、あれぐらいの余韻のようなものが残る必要性があると感じて、取り入れたそれは、「STARWARS」をも越えていると思う。人によってはまだあるぞ!と言われるかも知れないが、これらのシーンは、爆破シーンは別にして(笑)本筋であるエイリアンとの戦いには、直接的には関係が無いし無くても充分、通用する。にも関わらず、これ らのシーンをリアルに丁寧に描いている理由はスタッフが、「怪奇」であるはずのエイリアンの存在を「SF」の表現でもって浮かび上がらすことと、最初にも述べたがSFや怪奇映画が好きだから、本当はここまで見せたいという気持ちの現れ、だと思うのだ。そのスタッフとは脚本のダン・オバノンとロナルド・シャセットの事だ(リドリー・スコットが入っていないのは、彼はこの映画でSF映画に目覚めたが、この映画を撮影するまではSF映画には全然、興味が無かったからである。因みに彼がこの映画の監督を引き受けた一番大きな理由はギーガーの絵が好きだからだそうだ。)二人が共同もしくは、単独で関わっているSF、怪奇映画をちょっと思い出しても 「ブルーサンダー」「ゾンゲリア」「トータルリコール」「バタリアン」「スペースバンパイア」「スペースインベーダー」「マイノリティ・リポート」、カルト作の「ダークスター」等と、確かにみんながみんな、おもしろいとは言えないが、これだけあるのだ。好きであるのは間違いないだろう 。やっぱり、好きなヒトがストーリーを考えると違うのだ。ねえ、ダース・マキノ氏!
そして、「スターウォーズ」の大成功で、もう、いっちょ、やったろか!と思った20世紀FOXは、当然の成り行きで、特撮に、そして美術にもかなりの予算を投じた。結果は、その年のアカデミー視覚効果賞を、同じくノミネートされた「ブラックホール」「007・ムーンレイカー」「1941」「スタートレック」を押さえて受賞するのである。その中で有名な話だが、HR・ギーガーとC・ランバルティ、B・ジョンソン、N・アルダーの4人が表立って受賞したのだが、実はR・ディッケンも受賞している。しかし彼は、ケインの腹を喰い破って飛び出して来る、チェスト・バスターのシーンだけを担当して受賞したそうである。また、アカデミー美術賞には至らなかったが、M・セイモアが美術監督を担当して作った、手の込んだセットも忘れてはならないだろう。これも有名な話だが、あの冒頭に登場する宇宙船とその内部は、宇宙人の死骸と共に、発抱スチロールで、できているというのだから、凄いの一語に尽きる。だが、煙草の不始末で燃えてしまったそうだ。

さて、ご存じの方も多いと思うが、どうやら「エイリアン5」が、リドリー・スコット監督、シガニー・ウィーバー主演で作られるようだ。個人的には、私も一般的に評価が高い「1」や「2」が好きだが「3」も「4」も、好きではないが、そんなにムチャクチャ嫌いではない。ただ、 20世紀FOXの原則としている、シガニー・ウィーバーのリプリーが出なければ作らないというのはやめてほしいと思うのだ。せっかく「3」で死んだのに、無理矢理、「4」でクローンの設定なんか出してきやがって、もう、ええ加減、リプリーはやめてほしい。以前、SF小説、「ニューロマンサー」を書いた、ウイリアム・ギブ スンが脚本を執筆した、本来、「3」の予定であった、ありとあらゆる地球の生物にエイリアンが寄生し、そこから誕生する、六道衆の八葉の老師(これ、何かわかる?)のような怪物エイリアン(しかも、クライマックスで全エイリアンが合体して超巨大化け物になるのだ!嘘ではない!)VS合成人間ビショップ&ヒックス伍長(死んでもたけど)率いる地球チームの一大戦争バトルSFアクションの方が絶対におもしろいと思うから作ってほしいなあ。それと、宇宙船のシーンが「1」以外はなぜか、チャチく思うのでその辺も、きちっと描いてほしいと思う。まあ、リドリー・スコットがやるんやったら期待できそうやから、いいとしよう!
それでは、みなさん、さ~よ~な~ら~♪

バルカン星のダースベーダー
「新スタートレック・第144話・ギャラクシーロマンス」を見ながら。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

エイリアン(前編)

と言う訳で、今回は「エイリアン」である。さて、私がこの映画を初めて見た時も、ちょっとした「出来事」があった。当時、私は中学生であったが叔父から、東宝の株主券をもらったので、大阪ミナミにある「南街会館」(ここも今はもうないのだ)にアニメ映画「がんばれ!タブチくん!」(懐かしいなあ)を見に行ったのだ。ところが何を勘違いしたのか、今でもわからないのだが(笑)入って見たのが「エイリアン」だったのだ。そして思った。「スターウォーズ」も「未知との遭遇」も「スーパ ーマン」も凄かったけど、これも「すっごい!なあ!」と。中でも特に気に入ったのは「エイリアン」の造形で、映画やテレビに出て来る、怪獣や怪物、妖怪、化け物が大好きな私は「うおおおっ!」と心の中で歓声を上げていた。だが、その当時でも「もう、ちょっと、ばっちし(エイリアンを)見せてほしかったなあ」と感じていたのだが、後にそれは、当時の映倫が「キモチ悪い」と言う非常に勝手な、むかつく理由でカットされていたためであるという事がわかる。(今はDC版があるから、「青影」風に、大丈夫!)「エイリアン」の造形の事でもう少し書くと、ギーガーに全てデザインを任せていたのはいいと思うが、尻尾があるのはどうなのだろうか?この第1作でも、パーカーを殺したあとに、ボロボロと涙を流すランバートを尻尾で逃げられなくしようとしたり、後に作られた続編やスピンオフでも、武器になっていたりしたので、あった方がよかったのかな?とも、思ったのだが、尻尾があると何か下等なイメージがするのだが、そう思うのは 私だけだろうか?ついでに言うと「卵」から生まれると言うのも、何かもうひとつシックリけえへんねんけどなあ。「エイリアン2」では、その「親」が出てくるけど・・・。造形で不満があるとすれば、それぐらいである。不気味だが硬質で幽玄さが漂う、全体のフォルムは言うに及ばず、更に不気味さを出 す意味だと思う、眼が無いところや、流れ出て来る唾液との相乗効果で、噛まれると強烈に痛そうな歯茎(?)ごと飛び出す歯(笑)、何か意味がありそうだが今のところ何の意味もない背中の突起物(笑)など、それは、本当に今まで誰も一度も見たことがない「よく、こんなん考えるなあ」といった、宇宙怪物だったのだ。ストーリーもいい。抜群にいい。何と言っても話の展開を宇宙船の中に限定したのがよかったと思う。だからこそ、パーカーやブレットのハンドメイド産の電流を発する棒状の武器(名前あったっけ?忘れた)や火炎放射器が、エイリアンの血液が金属をも溶かす濃硫酸の成分を含んでいるものであることが、生きているのだ。そしてこれ は、宇宙船=城とか家に当たる、とも言えることで、ストーリーを考えたチームは相当、SF映画や怪奇映画を見ているのだと思う(65年のマリオ・バーバ監督の「恐怖の怪奇惑星」をパクったのではないか?という話は有名。小学校のころ、私はテレビのUHF局で見たけど傑作!ラストで出て来る吸血宇宙人の円盤が、上から見た 構図の描写になるのだが、何とコウモリの形になっているのだ!)。脚本はダン・オバノン&ロナルド・シャセット(シャセットはクレジットされていないと思う)が書いたのだが、製作のゴードン・キャロルやデビット・ガイラーそして、ウォルター・ヒルも当初から深く関与していた。ラストが三案あったのはその全員で考えたためで(笑)私個人としては、猫のジョーンズにエイリアンが寄生したのを知らずにリプリーがそのまま一緒に地球に帰還してしまうラストが怖くて、よかったのではないかと思う。
(後編につづく)
バルカン星のダースベーダー


テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

作品名
月別アーカイブ
clock
プロフィール
マキノ
SFをこよなく愛するペーパークラフトクリエイター
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。