スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーマン・リターンズ

という訳で、今回は「スーパーマン・リターンズ(以下、リターンズ)」である。この映画の製作ニュースが、当初伝わって来た時は、「X-MEN」のブライアン・シンガーが「X-MEN:ファイナルデシジョン」の監督を蹴ってまで監督をすると聞いて喜んだのだが、しばらくして、ふと考えてしまった。「確かに『X-MEN』は、監督自身のマイノリティが善悪に関わらず、ミュータントたちの物語に反映されて、見事な特殊効果と共におもしろかったのだが、果たして『スーパーマン』のマインドと合うのかな?」と。そして、その後、ストーリーは「1」のリメイクになるとか、主演のブランドン・ラウスは、クリストファー・リーブにそっくりだとか、「スーパーマン」でジョー=エルを演じた、故・マーロン・ブランドがデジタル出演するだとか、色々、ウワサというかニュースが聞こえて来て、いよいよ公開となり、映画を見ると、まず、J・ウィリアムスのあの曲に、立体アニメーションのタイトルが流れて来たのにビックリした。というか嬉しかった。「おおっ!」という感じだった(笑)嫌が応にも、期待する気持ちが高まった。
実際、スーパーマン=クラークが、宇宙から還って来て、地球の母であるマーサと再会をし、デイリー・プラネットに復職を果たして、ロイスが取材に乗り込んだ旅客機(やったっけ?)に連結されている、スペースシャトル、ジェネシス号の墜落危機を救うまでのシーンは、ほどよいテンポで、人物の紹介と事件と映画が始まってすぐのスーパーマンの活躍を描いていき、ファンなら喜ぶのは間違いなしのシーンだった。加えて、スーパーマンを演じるブランドン・ラウスも、ウワサ通り、クリストファー・リーブを更に男前(?)にした感じでいいと思ったし、ロイス・レーンのケイト・ボスワースも、マーゴット・キダーよりは可愛い感じがする。また、マーク・ステットンの特殊効果も、CGとすぐわかるのが少し難だと言えなくも無いが、歯切れよく見せていたと思う。特にスーパーマンの飛行シーンは、時代が進んだからと言ってしまえばそれまでだが、スピード感は、78年や81年版のそれとは雲泥の差であった。だが、私がいいと思ったのはここまでだった。なぜって、ここからリターンズは、スーパーマンとロイス・レーンのラブ・ストーリーになっていくからである。確かに、ケビン・スペイシーが演じているレックス・ルーサー(坊主頭!)のクリスタルを使っての、地球上の大陸を壊滅させようとする陰謀のシーン並びに、あいだあいだで、人々を助けたりするシーンと上手く絡ませながら、そのラブ・ストーリーを表すシーンを見せてはいるが、ロイスは編集長の甥と結婚して、一応、スーパーマンを忘れようとしているのに、スーパーマンはいつまでも、何か見ていて未練たらしい感じ(笑)がするのは私だけだろうか?ルーサーの陰謀で、災害が起きて人々を助けるシーンも、ロイスを無理に忘れようと行動しているように見えるのだ(笑、考え過ぎかな?)それに一番おかしいと思ったのは、5年も地球を離れていたせいで、ルーサーの裁判中、スーパーマンが証人として出廷できなかったので、ルーサーが早く刑務所を出てしまったことになってしまったことを、同僚のジミーからクラークは聞いたのにも関わらず、今更どうなると思ったのか(笑)わからないが、それに対して何の責任も感じず、行動も行わないのは不思議だ。もう、ロイスのことで頭がいっぱいだったのだろうか?「5年も宇宙へ行っといて(ロイスを)ほっといたら、しゃあないやろ!」と思うんやけど・・・。そして、我らのヒーローであるはずのスーパーマンは「ちょっとぐらい注意せいよ!」というスクリーンに向かって、心の中で(笑)叫ぶ私の声に、全然、耳を傾けずルーサーがいるクリスタルの力で造った孤独の要塞に赴いた結果、緑色のクリプトンナイトに動きを封じ込められ、ルーサーとその部下にボコボコにされて挙句の果ては、ナイフ状に尖らせたクリプトンナイトをルーサーに刺されてしまい、断崖から海へと落ちてしまうのだ。見ていて思わず「せやから言うたやろ!お前はアホか!」と、また、心の中で叫んだ私であった。で、どうなるのだろうか?と見ていると、情けないことに、ロイス&リチャード夫妻に助けられるのだが、そこはすぐに「さよならロイス」と言って飛び立ったのはヒーローとしてよかったと思う(笑)更にそこから、怒りに燃えたのかどうかわからないが(少なくとも見ていて、凄くスーパーマンが自分自身に対して、或いはルーサーに対する怒りが現れているようには、私には見えなかった。B・ラウスの演技が下手なのか?)例のクリスタルの力で出来た孤独の要塞を海中深くから、眼からのビームで穴を開けて潜っていき、要塞の底から持ち上げて宇宙の彼方に放り投げるのには、「なかなかやるのう」と感心した。しかし、要塞のあちこちに仕掛けて?培養?散布?してあったクリプトンナイトのせいで絶命してしまう。私は子供のころ、ジョージ・リーブスの白黒テレビ版「スーパーマン」もスーパー・ドックが登場するアニメ版「新冒険」も見ているが(に~んげんをこ~えった~お~とこ~♪の歌のやつね)スーパーマンが一時的にせよ、死んでしまうシーンを見るのは初めてだった。もっと子供のころに、このシーンを見れば、それなりに衝撃的だっただろうが、どうせ生き返るだろうと醒めた眼でしか見れなかったので、このシーンはあまりいいとは思えなかった。それよりも驚いたのは、ロイスの子供のジェイソンが、実は、スーパーマンとの間の子供だったということである。これにはビックリした。スーパーマンが「超人」のままで、ロイス・レーンとエッチしてたなんて!しかしそうなると、私的には「リターンズ」は、B・シンガーが「1」と「2」を解体して、新たに想を付け加えて構築したリメイク作であるという認識が強いのだが、シンガー自身は、「リターンズ」を冒険篇の続編として作ったということであるのだから、その流れから考えると、超人の力を持った子供を登場させるのは少し安易なのではないだろうか?まあ、物語としての見せ場は少ないかも知れないので、そういう新しい展開は必要なのかも知れない。ピアノで部下が圧死したのを知って、すぐに子供が、スーパーマンの子供かも知れないとルーサーが悟るシーンはよかったが。そのルーサーが、直接のシーンは無いが、燃料切れから無人島に不時着する事の顛末は続編を思わせるもので、いいと言えるかも知れないが、私としては少し不満である。できれば警察に引き渡すところまでを描いてほしかった。結果、私だけかも知れないが、ルーサーによる大陸の壊滅計画は阻止できたので、一応、物語としては終わりを告げるのだが、何となくまとまりが無い終わり方になってしまったような気がするのだ。疑問や問題は、続編で解明されるということなのだろうが、前にも書いたが、現在、棚上げになっている続編はどうなるのだろうか?こうなれば一刻も早い製作を希望する。現在、DCは、アメコミの映画化競争では、私は大嫌いだが「ダークナイト」という空前の大ヒット作があるものの、全体的には、完全にマーベルに差を付けられている状態なので頑張ってほしいと思う。ではでは、短く終われる時には終わるということで、これにて終了である。さて、次回はDVD発売記念の特別企画ではないのだが(笑)ダース・マキノ氏も大絶賛の「アイアンマン」である!それではみなさん、ごきげんよう、さようなら。

「バックス・バニー・ショー」を見ながら







 

 

 

スポンサーサイト

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

スーパーマン

アメコミの代表作とも言えるスーパーマン。本作もその名に恥じぬ超大作になっています。スターウォーズの直後だけあって、当時の技術の結集的特撮で見せてくれます。
まずオープニングのクレジットが立体で飛び出すのに度肝を抜かれます。CGなど無かった時代にこんなのを目にすると、もうびっくり仰天です。
そしてなんと言ってもあの青タイツに赤パンツにマント。超ダサイはずなのにカッコ良いのです。このスーツを作るのに相当苦労したそうですが、単純そうですが、しかし凄まじく計算された結果です。あとクリストファー・リーブがカッコ良いのなんのって。
子供からの成長過程の描きかたもアメリカの雄大さが出ていて好感度です。
この映画で一番良いのは特撮やアクションではなく、中西部の田舎町での成長期を描いた、まるで印象派の絵画のような美しい大自然での物語です。これがこの映画を格調高くしらしめています。
しかし、ほとんどの人が納得しなかったラストの時間を戻す超人ぶりは、いくらなんでもそれをやっちゃいけないでしょ。とは思いますが、おそらくアメコミ史上最強の設定だったはずなので仕方の無いとこですか。そのわりには人間相手にてこずったりします。そこは人間に育てられたからでしょうか。そういう解釈でいいと思います。なんたってヒーロー物コミック映画の原点ですから。
あとは、あいかわらずジョンウイリアムスのスコアはかっこ良いです。

こんなとこです。ほとんどバルカン星のダースベーダー氏が書いてくれているので今回僕はあまり言う事ないです。
(マキノ)








 
   

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

スーパーマン2・冒険篇

という訳で今回は「スーパーマン2・冒険篇(以下「2」)」である。これは当時、中学生だった私は、大変期待して映画館に足を運んで見たのだが、期待通りのおもしろさで喜んで帰ったのを覚えている。何せ、当時は得られる情報は、テレビや一部の雑誌でからしかなかったので、私は日本テレビの関西ローカルの、よみうりテレビで土曜の朝からやっていた「映画ダイジェスト」という主に、大阪が中心の関西における映画上映予定の紹介を、予告編を交えて放映していた番組を食い入るようにいつも見ていて、そこから情報を得ていた。情報を得ると言っても、長さで言えば1分からよくても2分ぐらいの、中にはテレビCMスポットに毛が生えた程度のものも多かったが、それでもそこから自分なりにイメージを膨らませて喜んでいたものだった(笑)「2」については、例の三悪人と夜の街中でスーパーマンが戦うシーンで、コカコーラの電飾ネオンサインに、どっちか忘れたが(笑)ぶつけられるところを、やたら見せていたと思う。また、テレビCMのナレーションを声優の故・富山敬氏と故・小山田崇徳氏、それに小林清志氏がやっていて、アニメやテレビの洋画劇場のファンでもあった私は、お三人の格調ある声が響く予告編のテレビCMを見て、興奮していたものだった。「2」は「1」の名場面を挿入しながらの、オープニングタイトルがスタートし、三悪人が逮捕され、裁判に掛けられ有罪となり、あの四角いアクリル板のような(笑)「ファントムゾーン」に閉じ込められて宇宙に追放されるところから始まる。一方、地球ではテロリストが水爆を、パリのエッフェル塔のエレベーターに積み入れたのを、爆発寸前でスーパーマンが宇宙の彼方に放り投げるが、爆発の衝撃でファントムゾーンが壊れて、三悪人が解放され(先に月面基地を破壊するが)地球に攻めて来ることになるのだが、この地球での三悪人との戦いは、当時としてはあれが精一杯の展開であったと思う。確かに、スーパーマンと同等の力を持っている三悪人とスーパーマンがまともに戦えば、三悪人の方が勝ってしまうと思うが、そこはあれでいいのではないかと思う(笑)北極の基地での、あの勝利の仕方は素直すぎるだろうが(笑)むしろ、この映画が本当に言いたかったことはロイス・レーンとの「恋愛」を描いた一連の出来事ではないかと思うのだ。中でも、北極の基地で、クラーク・ケントが、お母さんに「人間と一緒になりたかったら、お前も人間にならなあかん」と言われて本当に、人間になってしまったのを見て、「お前、人間の女と地球と天秤に掛けて、女の方を取るんか!」と、中学生心(笑)にもビックリした。で、最後は結局、地球を三悪人から救うべく、もう一度、クリスタルで元の力を得るのだが、後でロイス・レーンと「辛い再会」を行いキスをした時に、クラーク・ケントが記憶を吸い取ったというのがファンの意見なのだが、どうなのだろうか?確かに、そのあとロイスは何事もなかったように行動していたので・・・。う~む、わからん。誰か教えてくれ!ところで「1」から「2」「3」「4」へとシリーズが進むたびに、隠された主題が現れていったのをご存知だろうか?実は、スーパーマンは「隠れコメディ映画」だったのですよ。事実、「1」のスタッフは全員、「フランク・キャプラ(SFには縁もゆかりもないけれど、有名な映画監督。詳細は、ご自分で調べて下さい(笑))の喜劇映画のような感じで作るんだ」と発言しているのだ。で、私が思うに、「1」については、キャプラの持つ「マインド」だけ上手く取り入れて、成功させていると思う。「2」については、少々、ひねくれているとは思うし、他の映画を見る限りであるが、独自のヒーロー論を持つ、リチャード・レスター監督の妙味が出ていると思うのだ。が、よく見てみると、夜の街中で三悪人と戦うスーパーマンのシーンとかは、どこか牧歌的で、コメディ的な匂いの感じがしないでもない。また、先程述べた、クラークがキスでロイスの記憶を吸い取る(?)シーンも、そう見れなくもない。極め付けは「コメディ」そのものである、超人に戻ったクラークがレストランで、おっさんに行う「復讐」シーンである(笑)そして「3」から「4」と、その加減は、どんどんエスカレートしていく。特に、映画そのものは、あんまり好きではないが3の「電子の要塞」のオープニングシーンは爆笑ものである。まあ、「スーパーマン」は「隠れコメディ映画だ!」という主張はこれぐらいにして(?)総体的には、私もそうであるが「1」と「2」が好きな人が多いと思う。実際、見る人が見ればわかる、コメディ色が強い「3」の宣伝に配給会社は、何とか「1」「2」と同じく、大作のイメージで売ろうと必死だったという。「4」になると、サルキンドプロが「サンタクロース」の失敗で、映画化権利をキャノンフィルムに売却してしまい、キャノンフィルムが製作を行うものの、監督である、シドニー・J・フューリーは、コメディタッチは、継承されているものの(笑)明らかに人選ミスであると思われる。私は「3」も「4」も映画館まで見に行ったが、やはり、単順に言って、おもしろくなかった(「3」に出演して「ベルサイユのばら」でオスカルをやった、アネット・オトゥールはきれいやったけど)。そして、その時はこの「コメディタッチ」が理解できなかった。が、したくもなかった。やっぱり「1」から続く作風で描いて欲しかったと思う。因みに、クリストファー・リーブは、みなさんもご存知のように他の映画にはあんまり出ていないが、カーペンターのリメイク版「光る眼」よりも、SFではないが、「デストラップ・死の罠」はおもしろいので、お薦めであります。というわけで、今回はこれにて終了。短く終われる時は短く終わろうと思う。そうでないと、ダース・マキノ氏から「北斗千手殺」をされてしまうからだ(笑)おっと、次回は「スーパーマン・リターンズ」です。では、みなさん、ごきげんよう、さようなら~♪

「時の支配者」か「デリカテッセン」のどっちを見ようか迷っている
バルカン星のダース・ベイダー







 

 
 

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

スーパーマン

SUPERMAN(クリストファー・リーブ版)
 という訳で今回は「スーパーマン」である。実は私も知らなかったのだが、現時点で公開されている全てのアメコミヒーロー映画の中の最大のヒット作が、現在の金額に換算すると公表されていないせいもあるが、幾らかは不明だが、この「スーパーマン」であるというのだ。当時は、もちろんCGなんか無かった時 代であるから、これはやっぱり凄いことだと思う。で、そのヒットの理由は多分、この手のジャンルがよくわからないが、やるからには真剣に作らねばならないと感じた、イリヤ・サルキンド父子プロデューサーが「わからない」が故に製作スタッフを、実に細々としたところまでSF映画や怪奇映画に携わってきたプロを起用してい たからであると思う。特にその中でも私が重要だと思うところは、スーパーマンが空を飛ぶシーンだけ(!)を「2001年宇宙の旅」の特撮マンのひとりであるウォーリー・ビーバーズが。本編と特撮の撮影を同じく「2001年~」の名カメラマン、ジェフリー・アンスワースが。ミニチュア特撮監督を「007」シリーズや「サンダーバード」のデレク・メディングスが。美術監督を「スターウォーズ」のジョン・バリーが、それぞれ担当しているのが、まず特撮パートでは重要だと思う。また、本編パートは「ゴッド ファーザー」の原作者、マリオ・プーゾォがストーリーと脚本を書き、その脚本を「俺達に明日はない」のデビッド&レスリー・ニューマン、ロバート・ベントンが共同脚色を行い、更にクリエイティブ・コンサルタントとして、初期の「007」シリーズの名脚本家、トム・マンキーウィッツが手を入れる念の入れようであるが、それにより、決して、ウソ臭さを感じさせない「スーパーマンて本当にいるんだよ」と錯覚させるほどの威力を持った(少なくとも私にはであるが(笑))一種の「伝記映画」と して仕上がったのが何と言ってもスゴイと思うのだ。特に、前半の地球に辿り着いて、ジョナサン&マーサ・ケント夫妻に育てられ、デイリー・プラネットに入社するまでの、成人し、就職(笑)するまでの、その過程で描かれる、本当は凄い能力があるのに、その力が使えないという「超人」としての苦悩や、それらを乗り越えて 「超人」としての使命を自覚するところは、納得、感動させられるものであったが、誰かも言っていたが、それらの前半で、上手く感情移入させられるシーンの成功が、後半の実際に、Sのマークを付けて登場するスーパーマンの存在や活躍にリアリティを与えているのだと思う。そして最終的に、それら本編(ドラマ)や特撮の全 てを、他人が作るものは関係ないとは思うが、それまでは駄作ばかりであり、優れた成功例となるアメコミヒーロー映画が皆無であったにも関わらず、圧倒的な迫力と重厚な雰囲気で上手くまとめることができた、当時は「オーメン」で有名だったリチャード・ドナー監督の手腕はやはり大称賛に値するものだと思う。あえて(笑) ひとつだけ、腑に落ちないところを述べると、見ていた時は何も思わなかったが、ジーン・ハックマンが熱演したレックス・ルーサーが、ロスアンゼルスに放ったミサイルをスーパーマンが追い掛けるシーンがあるが「五次元最強の男」であるのだから、もっと早く追い着けるの思うのだが・・・。あっ、もうひとつ(笑)ロイス・ レーンのマーコッド・ギターやけど、もうちょっとキレイな人を起用して欲しかったなあと思う・・・。それから、忘れてはいけないのが、ジョン・ウィリアムスが作曲し、ロンドン交響楽団が演奏する、オープニングタイトル曲とそれに伴って登場する、あの「シャーッ!」という余韻の音がたまらない「スーパーマン」という偉大な存在をよく表現した、立体タイトル・アニメーションだ。もう、これを見るだけで幸せな気 分に浸ってしまうのは私だけだろうか(笑)オープニングタイトルだけで言えば、映画史上最高最強のオープニングタイトルだと思う(笑)因みに私は、現在、第2弾が宙に浮いてしまっている、ブライアン・シンガーの「スーパーマン・リターンズ」はリチャード・ドナー版をよく研究していると思うし、上手くリメイクしている と思う。よって、嫌いではないのだが、何か同じ事をやっているような気がしてあまり関心しない。どうせやるならCGを駆使して、テラ・マンとかブレイアニックを登場させた方が、今風でおもしろかったのではないかと思う。しかし、私は本当を言えば、ティム・バートンが監督をする予定で脚本も完成、ニコラス・ケイジが主演 の第一候補で計画されていた、マントを着ずに真っ黒けのバットマンのようなコスチュームの胸の真ん中に赤いSのマークがあって空を飛ぶ、スーパーマンのヒーローとしての苦悩と戦いを描く、ダークな展開が満載の「スーパーマン・ザ・デプス」が見たかったのだがワーナーのお偉方が、内容に激怒したようで製作される可能性 は永久にないようである(笑)しかし、テレビ版の「新スーパーマン」や「ヤング・スーパーマン」は数えるぐらいしか見ていないが、なぜ、人気があるのかよくわからない。私的には全然おもしろくないと思うのだが(笑)
という訳で次回は「スーパーマン2・冒険篇&リターンズ」の予定です。
 
録画してたまってる「宇宙大作戦」を今から見ようと思っている
バルカン星のダース・ベイダー







 

 

 

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

作品名
月別アーカイブ
clock
プロフィール
マキノ
SFをこよなく愛するペーパークラフトクリエイター
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。