スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランスフォーマー

マイケル・ベイ(以下、ベイ)の映画は、なぜか私は、全て映画館で見ている。が、M・ナイト・シャラマンの映画までとは行かないが(因みに私は、シャラマンの映画は『アンブレイカブル』以降は、いくら周囲で「おもしろい」と言っていても、絶対に見ないことにしている。いや、ほんま)いつも見終わると 、大阪弁で「せやけど」と標準語で「でも」と疑問に思うのだ(笑)そのベイが、スピルバーグと組んで「トランスフォーマー」を映画化すると聞いた当初は、別にデジタル・ドメインを買収しているから、という訳ではないが、恐らく特撮には理解がある監督だと思えど、やっぱり不安であった。それは、やはり、ベイが監督をし たSF映画と言えば、例えば、設定の異色さは評価できると思うものの、話がムチャクチャな(笑)「アルマゲドン」とSFかアクションか、どっちかにせえよ!と思ってしまう「アイランド」のせいであるが、特にドリームワークスと組んで製作した、「アイランド」はアメリカで惨憺たる結果に終わってしまったのに、また組んでやるというのは、スピルバーグとドリームワークスの神経を疑った。しかも、娘に(トランスフォーマーを)作ってほしいと懇願された、スピルバーグが当初、監督をするはずが、「忙しいから」ということでベイに監督を依頼したというのだから、なおさらだ。そのベイも当初は、オモチャの映画化ということで嫌がったということだったが、何とか映画化に漕ぎ着けて完成し、いざ、蓋を開けてみると、それは杞憂に終わった。いやあ、びっくりした(笑)驚いた(笑)嬉しかった(笑)出張先の三重県で、この映画をレイトショーで見たその日は、ホテルに入って早く風呂に入りたかったのだけれど、ワーナーマイカル津の駐車場で、車の中から、その日の訪問件数と内容のメールをノートパソコンから、勿論、エッジを使って、慌てて会社に送った甲斐があった(笑)映画が始まって5分ぐらいだろうか、シコルスキーMH-53ペイブロウがブラックアウトに変形してからの、カタールのアメリカ空軍基地への攻撃に思わず、「おおっ!おおっ!」と我を忘れて、画面に引きずり込 まれている私がそこにいた。そしてそれは明らかに、松竹が平成17年に公開した、ロボット大好きオッサンの、私の期待を見事に裏切ってくれた、実写版「鉄人28号」に登場した、CGによる鉄人とブラックオックスとは雲泥の差であった。確かに厳密に言うと、「トランスフォーマー」は「ロボット」ではなく「金属生命体」 ではあるが、私の世代のような「マジンガーZ&グレートマジンガー」や「ゲッターロボ&G」「勇者ライディーン」「超電磁ロボ・コンバトラーV」エトセトラ、エトセトラハを見て育ってきた、元「男の子」に取っては、これはもうロボットそのものであった。それに、ちゃんと元々、やっていた、本家本元の「アニメ」や発売されている「TOY」通りに行くか行かないかは別にして「変形」するのである。この「変形」の部分の特撮については、いつの号だったか忘れたが(こればっ かり、ゴメンナサイ!)樋口真嗣・監督&特撮監督が「フィギュア王」誌上で、持たれている連載でも述べていたし、一方で、トランスフォーマーたちの戦いを遠近感を利用して「見せる」演出は迫力を出してはいたが、何が起こっているかわからない状態にもなっていたのは否めないと思うものの、非常に見せ方、ごまかし方が上 手い。しかも、オートボットとディセプティコンのありとあらゆる動きの表現のCGが、アニメーターによるハンドメイドのパソコン作業というらしいのだから驚きだ。因みに、ILMの350人以上のプロが、この映画に参加したらしいが、パソコンも300台以上、稼働させたということなので、ほとんどの作業はパソコン上だけで行われたのか?と思ったらアニマトロニクスも駆使されたという。が、実際には、どこにアニマトロニクスが使われたのだろうか?また、モーションキャプチャーは、使われていないそうだが、オプティマスプライムとメガトロンが、取っ組み合いになって、共にビルに突っ込んで行くシーンで、中で、働く人間が動いているシ ーンがあるが、あれはモーションキャプチャーではないのだろうか?う~む、わからん。よくできている。わからんけど、よくできている・・・。まあまあ、それらはいいとして(笑)すでに、ご存知だとは思うが「トランスフォーマー」は、元々、当時のタカラから販売されていた「ダイアクロン」と「ニューミクロマン」の シリーズの後期に発売された、変形ロボットをハズプロ社が業務提携し、他社の変形ロボットのオモチャと共に「TRANSFORMERS」として販売したものを、マーベルがアニメ化したのが、事の始まりであるが、私は、正直、日本ではタイトルや内容が、色々あるアニメ版の方はあんまり見ていないので 、わからないのだが、今回のこの映画版は、アニメ版のコアなファンも満足する出来ばえになっているという。つまり、初代のアニメ版に近いということらしい。それは、多分、クリス・パイン主演の「スタートレック」の脚本も書いた、アレックス・カーツマン&ロベルト・オーチーの脚本家コンビの、シリーズをよく研究した上 での、成せる技だろう。だが、私としては、せっかくサムに、オプティマスがオートボットたちを紹介して、それと共に、それぞれの性格が垣間見れるシーンがあったのだから、もう少し内面の描写も掘り下げてくれたらよかったのにとは思う。これはディセプティコンたちについても言えることである。他にも細かい不満はある。 例えば、オートボットの内、オプティマスプライムとバンブルビー以外に活躍の場が与えられなかったのは、仕方がないかも知れないが(私個人はジャズにもっと活躍して欲しかったが、残念ながら、メガトロンに上半身と下半身を引き裂かれてしまった。OH!JAZZ!合掌。)F‐22ステルス対スタースクリームのドッグフ ァイトとデバステーターのM1エイブラムス戦車としての活躍も、もうちょっと見たかったし、ブラックアウトの体内に、「ブラックアウト」だけの下僕として潜んでいて、エップス軍曹を含む、カタールの空軍基地の生き残りを抹殺しようとする、蠍型金属生命体スコルポノックが、なぜ、空軍基地の生き残りの抹殺を企てたのか ?そこには、ブラックアウトが、カタールの空軍基地を襲撃した際、エップス軍曹に赤外線カメラで、ブラックアウトの姿を撮影されてしまったので、その証拠を握り潰す(笑)か踏み潰すため(笑)に、ブラックアウトが「命令」して、スコルポノックが放たれたのだが、SF映画やトランスフォーマーが好きな人間になら、関連づけて理解ができそうだが、そういう説明が一切ないので画面だけでは非常に理解しにくい(少しと言いながら不満いっぱい?)だが、確かにサムとミカエラの学園ドラマもどきは何も言えない(笑)し、オプティマスがサムに言って家の中で、イーベイに出品している例のメガネを探させる一連のギャグシーンは、あまり笑えないかも知れない。しかし、オートボットVSディセプティコンの戦闘シーンには、本当にド肝を抜かれた。SF映画ファンの夢が、またひとつ叶ったと思った。それは即ち、「2001年宇宙の旅」でハードSFを、「スターウォーズ」でスペース・オペラを、「ブレードランナー」でハードボイルドものを、「ターミネーター」でロ ボットものを、「ロボコップ」でサイボーグものを、と、これこそが、それぞれのSFのジャンルの傑作SF映画だということでファンは満足していたのだが、そこに巨大変形ロボットもの(金属生命体ではあるけども)の傑作が加わったのだ。だがだが、信じられないことに「トランスフォーマー」は、大した映画ではない、CGも稚拙だという人もいる。人の価値観はそれぞれだし、その人の映画の見方を強制する権利は、勿論、私には無いのは百も承知だが、もし日本が「トランスフォーマー」を製作したとすれば、間違いなく、素人が見ても大変だと思う (笑)街中での戦闘シーンは描かないだろうし、仮に描いたとしても、昭和後期のゴジラシリーズで見られた、ミニチュアが無い、山間部?原っぱ?での(笑)背景に何も無い、簡単な合成の戦闘シーンになってしまうか、それこそ、最初の方で松竹の「鉄人28号」について少し述べたが、もっと稚拙なCG技術に終始しているは ずである。人間と複雑に絡んだ合成シーンなど、もっての他で、絶対に出来ないと思う(詳しくは触れませんが、見た人なら、わかると思いますが「GOEMON」のCGも酷いでしょ?)ところで、いつのころぐらいからだろうか。SFのジャンルで映画化できない「SF映画」は少なくとも、アメリカにはもう無いだろうと思うのは。CG一辺倒だろうが、何だろうが、日本のSF映画製作の現状を見れば、それは、やっぱり羨ましいことであると思う。「スタートレック」や「ターミネーター4」そしてこの「トランスフォーマー・リベンジ」が話題になっていても、日本はテレビの「仮面ライダー」や円谷プロの「大怪獣バトル」の映画化(ライダーは夏だが、大 怪獣は正月です)なのである。私は「仮面ライダー」も「ウルトラマン」も、ガキのころから好きであるのは間違いないが、これだけしか言って見れば能がない、日本が非常に情けない。いつまでこういう状態が続くのだろうと思う。ひょっとしなくても、そんな日本にいつまでも期待している、お前が「アホ」だ、と言われそうだ が・・・「アホ」なのかも知れませんなあ。ということで、今回もこれにて終了であります。次回は「バットマン」シリーズの予定です!

「ミクロの決死圏」を見ながら、バルカン星のダース・ベイダー


 

 
スポンサーサイト

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

宇宙水爆戦

「禁断の惑星」も前日譚ではあるが、ジョエル・シルバーがプロデュースを行うことでリメイクが決まった今、(脚本をクリント・イーストウッドの『チェンジリング』を書いた、J・マイケル・ストラジンスキーが、現在のところ執筆することになっているらしいので、これは期待できまっせ!)リメイクが、まだ、されていない50年代SF映画の中で、「宇宙水爆戦」も私はぜひ、リメイクをと思っているのだが、さてさて、今回はその「宇宙水爆戦」である。その昔、レンタルビデオ店でアルバイトをしていた私は、例によって(笑)客が、あんまり来ないので、顔はヤクザのような顔をしているが、心優しい店長が、何か自分が(関西では相手のことを『自分』と言うのです)好きなビデオでいいので見よう、ということになり、この「宇宙水爆戦」を一緒に見たのだが、その時に店長が「こうやって見ると、これと『スターウォーズ』て、あんまり大して変わらんなあ」と言ったのを聞いて、ひっくり返りそうになった。が、相手は一応、雇い主であるので、ご機嫌を損ねてもいけないと思ったし、レンタルビデオ店の店長ではあるが、SF映画には全然、興味がないので、まあ、仕方がないか(笑)と思ったので、私は「はあ、そうですね・・・。」としか言いようがなかったのであった。なので、今でもこの映画についてのスチールや文章を見たり読んだりすると、その時のことを思い出すのだが、ま あ、それはいいとして、レイモンド・F・ジョーンズの短編(タイトル名、忘れましたが確か、この短編を含めた短編集が角川文庫から邦訳が出ていたと思うけど、残念ながら現在は絶版)の原作を脚色したこの映画は、ユニバーサルが53年の「イット・ケイム・フロム・アフター・スペース」に続いて公開した、2作目のSF映画で、もう、すでにお話は、ご存知の方が多いとは思うが、これは、メタルーナ星とゼーコン星の星間戦争に巻き込まれた2人の男女の科学者がメタルーナ星から、改心したメタルーナ星人の力を借りて、命からがら地球に脱出するまでを描いた話である。ジョセフ・M・ニューマン監督は生涯で手掛けたSF映画が、この1本だけなのであるが、 まずは、現在から見ればチープであるかも知れないが、作品世界の美術デザインが、なかなかいいと思う。このユニークでカラフルなデザインを行った、美術監督はスタンリー・キューブリックが嫌々、監督をした「スパルタカス」などで3度のアカデミー賞を受賞した、アレキサンダー・ゴリツェンとリチャード・H・リーデルの2人である。SF映画における美術の重要性は今更、語るまでもないが、ここまでイメージ出来たのは、やはり大したものだろう。そして、メタルーナ・ミュータントのデザインは、何と「大アマゾンの半魚人」でギルマンをデザインしたミリセント・パトリック!元ディズニー出身のアニメーターである「彼女」がメタルーナ・ミュータントもデザインしたなんて、やっぱり才能がある人は違いますねえ(笑)それからこの映画は、原作付きではあるが、当時製作されたSF映画としては、太陽系を遠く、何万光年も離れた大宇宙の、未知の惑星が舞台の物語というのは、かなり飛躍したSF映画の代表作であるような気がする。加えてSF映画の中で初めて、宇宙で輝く星々やその中を飛ぶ円盤型宇宙船、また、茫漠たる時間や距離が表現されたのは画 期的だった。また、何と言っても、惑星間の戦争をガミラス星の遊星爆弾のようなって言うか、ほとんど同じの(笑)「流星」爆弾の攻防で描いていて、しかもメタルーナ星でバリヤが破られて、地表に穴が開けられたところから、実は本当の地表が見えるというシーンは斬新であったと思われるし、今、見てもよく出来ていると思 う。ゼーコン星からの攻撃でメタルーナ星内で色々、揉めている描写も然りである。特撮は、円盤型宇宙船を吊っているピアノ線が見えなくはないシーンもあったが(笑)年代のことを考えるとよく頑張っていると思う。マット・ペインティングも同じくである。テレビシリーズなので、一概に比較は出来ないが、かつての「宇宙刑事ギャバン」の特撮技術?のスーパーイラスト何か逆に言えば、この50年代から全然、進んでいないと思いますわ。ただ、難点を、野暮も承知で上げるとすると、私は原作の短編を読 んでいないので、よくわからないが、例えばエクセターがインターロシターのディスクを目盛りもついていないのに「18度回せ」って、そんなことが出来るのか?(笑)と思ったり、そもそも、なぜ、地球人の科学力より数千年、優れている科学力を持つメタルーナ人が、地球人の科学力に頼らなければならないのかがわからない (笑)確かに「(ゼーコン星との)戦争で科学者が減って、研究室も破壊されたから」という説明があるが、数千年も進んでいる社会に住んでいる科学者ならば、何人か、いや1人でもいれば、地球で最高に、頭脳が優れている科学者よりも事が足りるのではないだろうか?また、そんなに追い詰められるまで、状況をほったらかしにするのも、おかしいと思 うのだが、考えすぎかな(笑)まあまあ、そうは言っても多分、この「宇宙水爆戦」は異論があるかも知れないが、太陽系を遠く離れた、大宇宙を舞台にして描いた、スペース・オペラの元祖であることには間違いないだろう。それにしても「宇宙水爆戦」は、VHSもLDも出ているのになぜ、DVDだけ出ないのだろうか?もし かして、いきなり、ブルーレイディスクになるのだろうか?いやいや、やめてくれ。まだ、うちは当分、ブルーレイディスク・プレーヤーを購入する予定はないのだよ。だから、早く「宇宙水爆戦」のDVDを出して欲しいのだ。余談ついでに、このあいだNHK-BSで「宇宙水爆戦」が放映されたことは前回に述べたが、まあ、地デジに なれば関係はないのだが、現時点においてはテレビで放映される映画で一番、きれいな画質で放映するのは、NHK-BSとWOWOWである。特にNHK-BSは特殊法人のせいかどうかわからないが、映画のみならず、必殺シリーズやウルトラシリーズといったテレビ番組も、版権会社とどんな交渉をするのかわからないが(笑)恐ろしいほど、 きれいなのである。と、まあ、そういうことで今回もこれにて終了であります。次回は未定です!エへヘ。

「アポロ13」を見ながら バルカン星のダース・ベイダー

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

作品名
月別アーカイブ
clock
プロフィール
マキノ
SFをこよなく愛するペーパークラフトクリエイター
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。