スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴジラシリーズ~平成編~

☆ご無沙汰しておりましたが、皆様、こんにちは。お元気でしたでしょうか?さあ、それでは今回は、ゴジラシリーズの「平成編」である。まずは、1本目「ゴジラ(84年版)」である。「メカゴジラの逆襲」が、惨憺たる結果に終わったので、東宝は遂に、怪獣映画の製作を中止するのであるが、当時、大人では無い私は(笑)当然、そういう事を知る由も無く、「最近、全然、ゴジラ(映画館で)やれへんなあ」と思って、更に、数年が過ぎて行ったある年の年末か、その明けた年の年始の朝刊か夕刊に、東宝の製作ラインアップが掲載してあったのだが(私の記憶が確かならばであるが(笑))その中に「ゴジラ」(仮題)と 「続・日本沈没」と「ネッシー」があって、やはり、当時、大人では無い私は(笑)その記事を見て、「ゴジラ?ゴジラだけ出るのを作るんか?」「続・日本沈没?また、日本沈没するんか?」「ネッシー?ネッシーが街で暴れるんか?」と疑問に思った(笑)後年、それらは例えば、日本が沈没した、その後の世界に散らばったユダヤ人と化した日本人の姿を描く、小松左京が本当にやりたかったのはこちらの「続・日本沈没」も、イギリスのハマー・プロとの合作で、東宝が特撮だけを担当(?)する予定だった「ネッシー」も、企画倒れに終わってしまう。だが、「ゴジラ」は、その当時の「ゴジラ復活委員会」などと言った、数多くの特撮ファンダムの強力な後押しなど、紆余曲折を経て遂に、84年に復活をする。この当時の「ゴジラ」の生頼範義大先生が描いた「告知用ポスター」はカッコイイ!の一語に尽き、平井和正大先生がポスターの中で述べられていた「ゴジラの前にゴジラなし!ゴジラの後にゴジラなし!」とか何とか言った献辞も正にその通り!と言った感じで、「特撮怪獣映画」が好きな私のような野郎たちには、モノスゴイ期待で胸が膨らんでいった。だが、しかし!である。公開された映画を見て、ビックリした!全く、しょうむない(って大阪弁?)のである。何じゃあ、あの出来の悪い、着ぐるみ&「サイボット・ゴジラ」は。脚本もせっかく永原秀一が書いているのに下らん話やし。「 ホンマに脚本通りに映画化したのか?」と思ってしまった。ハッキリ言って観る価値は無いと思う。2本目は「ゴジラVSビオランテ」である。前作の「ゴジラ」から何故か、5年後に製作されたこの映画は、ストーリーを一般から広く公募をしたものが原案になっているのは、まあ、いいとして、ハッキリ言って面白かった(笑) 脚本も書いた大森一樹監督は、映画が分かっていない(怪獣映画と言う意味ではなく)とかと言う声もあるが、巨大企業バイオメジャーやサラジア共和国のエージェントSSS9、そして日本の自衛隊が絡んだゴジラの細胞(G細胞)のスパイアクションの要素を盛り込んだ争奪戦から、白神博士によるビオランテの誕生とビオランテVSゴジラの戦い&自衛隊VSゴジラの戦いは、怪獣映画好きを十分喜ばせてくれるものであった。因みに私は、この映画で好きな撮影エピソードがあって、それは、高橋幸治が演じる白神博士が、芦ノ湖に 出現したビオランテを見て「ビオランテだ・・・。」と呟くシーンで、監督を始め、スタッフの間で「いきなり何の前触れもなく名前を知っている(或いは言うのは)のはおかしい。」と最初はなったのだが、「昔の怪獣映画のセリフにも多少?って言うのがあるからええか!」という事になって、結局、変更されずにそのままになったという事に、それが、いいかどうかは別にして、私はスタッフの怪獣映画に対する「思い」を感じられずにいられないのである。(「それが、どうした!」と言われば困るのだが(笑))ただ、生頼大先生が描いた、この映画の告知用ポスターは、確かに、幻想的ではあるけれど私はあ まり好きではない(笑)3本目、「ゴジラVSキングギドラ」この映画の脚本と監督も大森一樹だったので、キャッチコピーの「お前だけには、絶対負けない!」と共に、大いに期待した。だが、しかし!である。あの不細工なメカ・キングギドラは何じゃあ!?チャック・ウィルソンの未来人には笑ってしまったし。それに、ゴジラにタイム・パラドックスを持ち込んだのは、確かに新鮮であったが、残念ながら消化しきれていなかったねえ。因みに生頼大先生が描いた、この映画の告知用ポスターも私はあまり好きではない。大先生が描いた割には何となく「ありきたり」だと思うんよ(笑)4本目、「ゴジラVSモスラ」う~ん、内容的には、前作ぐらいからファミリー層を意識し始めたせいか、ファンの感想は、可もなく不可もなくといったところであると思うのだが、モスラは幅広い層に人気があるのか、女性や子供たちには大好評であった。私は少し複雑で(笑)まあ、たまにはこんなんでもええかな。と思った(笑)因みに生頼大先生の告知用ポスターは(笑)やっぱり戦う相手が「モスラ」のせいか、凄く優しいタッチになっていると思う(笑)そして、5本目が「ゴジラVSメカゴジラ」である。「ゴジラVSモスラ」の終了後、スクリーンに「ゴジラ5」と出てそれから「ゴジラVSメカゴジラ」と文字だけの予告を観て思わず「ウオオオオオ!メカゴジラや!」と叫んだのだが(笑)生頼大先生が描いた、この映画の 告知用ポスターの頭からノズルのようなものが2本出ていて、腕も巨大な「エイリアン2(完全版)」に登場したセントガンのようなマシンガンを構えているような、ブットク太いメカゴジラが、また、カッコよかった!個人的には、生頼大先生が描いたゴジラのポスターの中でこの映画のポスターが、私は1番好きである。で、映画も面白かった。メカゴジラの顔だけは74年版や75年版の方が私は好きだが(笑)「~VSキングギドラ」で海中に沈んだメカキングギドラを引き上げ、23世紀の科学技術を解析して造り上げたというメカゴジラの設定は好感が持てるし、(三重県)四日市市にお ける、ゴジラがメカゴジラに圧勝する第1ラウンドから、(千葉県)幕張で繰り広げられる、戦闘機ガルーダと合体してスーパーメカゴジラと化した「メカゴジラ」が、ゴジラを倒したと思いきや、何しに出て来てんねん!と思っていたラドンが、メカゴジラを倒さなあかん!と考えて(ホンマにそう考えたかどうかわかりませんが (笑))「動物の本能」でゴジラと合体(或いは吸収されて?)して「スーパーゴジラ(映画の中ではそんな風には呼ばれていません。念の為)」と化して、メカゴジラを粉砕するまでをスピーディーに描いていて大変、満足する仕上がりになっていると思う。惜しいのは、やはりベビーゴジラの存在(造形がもう少しリアルならよ かったと思うんだけどねえ)とゴジラと共に海へ帰って行くラストだろう。怪獣映画は、ほのぼのした感じで終ったらやっぱりアカンと思うんやけど。6本目、「ゴジラVSスペースゴジラ」トライスターのローランド・エメリッヒ版「ゴジラ」の製作が遅れていたために急遽、製作されたせいか、柏原寛司が脚本を書いているのに 、何故か非常に面白くない。何やねん、あのスペースゴジラって。あまりにも安直すぎるぞ。観る価値ありません。7本目は、平成編の最後となる「ゴジラVSデストロイア」である。ゴジラの「死」を描いているものは、今のところ、これと昭和編の「ゴジラ(54年版)」の2本だけであるが、「ゴジラ(54年版)」に絡んだ登場人物やエピソードが描かれるのは、オールド・ゴジラファンにとっては感慨深いものであった。また、あちこちの雑誌でも述べられていたが、54年版のゴジラの咆哮と共に、544年版のタイトルとして使用された「ゴジラ」の3文字が現れて爆発し、オキシジェン・デストロイヤーに飲み込まれてから海に沈んで、その上から新たに「ゴジラVSデストロイア」のタイトルが現れるのは、なかなか凝っていたと思う。惜しいのは、こう言うと、ミもフタも無いのだが(笑)デストロイアを登場させる必要は無かったのではないかと思うのだ。あの、いつ核爆発を起こしかねない、バーニング・ゴジラを描くのであれば、それだけで凄いサスペンスフルな物語が十分、成立すると思うので、あえて今回で一応、ゴジラを死なすというのであれば 、1匹だけの登場でよかったのではないかと思う。8本目(?)は番外編であるが(笑)ミレニアムシリーズが始まるまでに公開されたローランド・エメリッヒ版「GODZILLA」である。当初、伝えられてきた情報はトライスター映画が、「ゴジラ」をヤン・デ・ボン監督、テッド・エリオット&テリー・ロッシオ脚本で、映画化しようというもので、しかも、宇宙怪獣と戦うらしいといった内容であったため、「スピード」のヤン・デ・ボンと「アラジン」(ディズニー・アニメ)を書いた、テッド・エリオット&テリー・ロッシオなら期待できるぞ!と喜んでいたのだが、 そのうち、ヤン・デ・ボンは莫大な製作費を要求したため降板させられ、トライスターは、映画製作に掛る時間から逆算して、東宝との公開期限の約束が迫ってくる中で焦って、変わりに起用した監督&プロデューサーが「インデペンデンス・デイ」を大ヒットさせたローランド・エメリッヒとディーン・デブリンのコンビであった 。2人は、テッド・エリオットとテリー・ロッシオの書いた脚本の骨子だけ残して、54年版のような怖い「GODZILLA」にすると発言していたが、出来上がった映画は、残念ながら全然怖くない、巨大なイグアナが、少しだけ暴れると言っても過言ではない、単なるモンスター・パニック・ムービーであった(後年、観たJ ・J・エイブラムスの「クローバー・フィールド」も文句はあるが、こちらの方がまだ、怪獣映画らしいと思った)放射能火炎放射も吐かないし、ニューヨークの街並みを破壊しまくる事もしない、挙句の果てにはF/A-18戦闘機のミサイルでアッサリやられてしまう。極端に言えば、ただただ、ウロウロするだけで(走ったり もするけどね(笑))面白くも何ともなかった。観ていて私は腹が立ってきて、この映画を製作した連中は、ホンマに過去のゴジラシリーズを見て勉強したんか!?と疑問に思った。いくら「怪獣」に対する考え方が西洋人違うとは言え、本家本元の「ゴジラ」ムービーズからリスペクトするものは何もなかったのだろうか?それで も予告編で「インデペンデンス・デイのスタッフが総力を結集!」と流れてから両眼がカッと開いて、上手くその姿を見せないようにしながら、海からゴジラが上陸するシーンは、なかなかよく出来ていたので期待していたのだが、結局、この映画の中で、私が好きなシーンは、そこだけである(笑)そして、世界的にも興行的には 失敗?(一応、ヒットしたと言う話もあるが、定かではない)したので、続編は作られずじまいに終わってしまったが、できれば力のある監督でもう1度、作ってほしいと思う。個人的には、ポール・バーホーベン何かがいいと思うのだが。(ゴジラの造型は、やっぱり、ロブ・ボッディンでしょう!)

それでは次回、ミレニアム編でお会いしましょう。
バルカン星のダース・ベイダー
スポンサーサイト

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

ダース・ベイダーの 「新・帝国銀河通信」・7

☆毎年、4月と10月はTV番組の改編がありますが、この4月から関西圏の地上波で見れるTVアニメを調べてみると、今更ながらではありますが、夜中にアニメを放送する枠が増えたためか、何と、35本もあります。で、その中で、特に僕が見たいなあと思っているアニメは、4/3(土)からテレビ大阪で始まる、 映画版のPART1のストーリーを中心に描く「トランスフォーマー・アニメイテッド」と4/4(日)からNHK教育で始まる、ドリームワークスの「マダガスカル」のスピンオフである「ザ・ペンギンズfromマダガスカル」です。理由は、ただ単純に見たいから(笑)で、特に理由はありません。その次ぐらいに見たいのが( 笑)4/1(木)からTV大阪で始まる、スタン・リー原作の「HEROMAN ヒーローマン」と4/3(土)からNHK教育で始まる、絵はキライですが、見せ方や音(サウンド)だけは好きな「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」のシーズン1でしょうか。いずれにしても、いいトシをこいていても、やっぱりアニメは大好き です(笑、特撮も大好きですが)
☆とうとう(?)家のTVをパナソニックのプラズマの42インチに買い換えてしまいました。僕としては、別に来年でもよかったのですが、色々、込み入った事情が急に(笑)噴出した結果で買ってしまいました。が、早速、「帝国の逆襲」と「ゾンビ」のDVDを続けて見たのですが、42インチで見るインペリアル・ スター・デストロイヤーとエレベーターが開くと同時に、スティーブンに襲ってくるゾンビは、やっぱり迫力がありました(笑)また、地デジで見る「ポケットモンスター」もキレイでしたねえ(笑)
☆寺島しのぶが、第60回のベルリン国際映画祭で、最優秀主演女優賞を獲得したことでも話題の、若松孝二監督の「キャタピラー」は、何と!特殊メイク&造型&VFX満載(?)の江戸川乱歩の「芋虫」の映画化です!今のところ8月に公開予定だそうですが、乱歩が「芋虫」の中で描きたかった「苦痛と快楽と惨劇」 がどのように映像化されているか、エンターブレインから出ている、丸尾末広の漫画版と表現方法は違いますが、比較してみるのも、今から楽しみです。
☆現在上映中のディズニーの「スパイアニマルGフォース」を観に行こうと思ったのですが、上映している映画館に、字幕版の上映がなく、全て日本語吹替版しかなかったので、腹が立って観に行くのをやめました。しかも、腹が立ったついでに全国の映画館の状況を調べてみると、3Dの方式を採用していないところはあ っても、字幕版での上映館は皆無でありました。ニコラス・ケイジやサム・ロックウェル、ぺネロぺ・クルス、スティーブ・ブシェミ、そして「アイアンマン」の監督にして元俳優(?)のジョン・ファブローと言った実に錚々たるメンバーが、声の出演をしているにも関わらずです。いくら、ディズニーと言っても、客を「なめと んのか!」と思います。(まあ、そのうち、また、夜の1回だけ上映とかなるかも知れへんけどね)では、また。

「クレヨンしんちゃん・暗黒タマタマ大追跡」を見ながら
バルカン星のダース・ベイダー」

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

ダース・ベイダーの 「新・帝国銀河通信」・6

☆現在、講談社から、手塚治虫の漫画全集が文庫版で刊行されていますが、前の全集で、個々の作品について未収録だったエピソードが、今回は収録されるということなので、期待しています。特に「ブラックジャック」の完全収録を僕は期待しています。それで、数年前から、昔の漫画家たちの全集が刊行されていますが 、何と言っても、今、1番話題なのが、小学館の「藤子・F・不二雄全集」でしょう。それは一般的に言えば、「ドラえもん」が初めて、小学館雑誌に掲載された分が、完全収録されるということが1番話題なのでしようが、マニアの間では、諸事情で復刊が絶対にできなかった「オバケのQ太郎」が、完全収録されて読めるという ことが、1番話題です。かく言う僕も「オバQ」が読めることに狂喜しています。願わくばこの勢いで、A先生の全集も、中央公論社版の薄味的な「~ランド」何かじゃなくて、きちっとした全集を出して欲しいと思います。特に「魔太郎がくる!」は、現在、入手可能な分は、過激だという理由で、エピソードのカットやコマの修 正が施されている分なので、是非、完全版の刊行を希望しています。他に僕が買っている漫画家の全集は、同じ小学館から刊行されている、楳図かずおの「楳図パーフェクション!」です。現在は、「漂流教室」と双璧をなす、あの名作「わたしは慎吾」までが、刊行されていると思いますが、楳図かずおの分で、こちらも願わくば 、同じ小学館グループの小学館クリエイティブから刊行されている、貸本時代などの初期の復刻版について、もう少し価格を安くしてもらえないものかと思います。あと、角川書店の石ノ森章太郎萬画大全集も、もう少しマニア向けにだけ想定した販売だけではなく、一般ピープルについても考えて販売して欲しかったですね。
☆このあいだ、ヨドバシカメラ梅田に行きました。目的は、毎度のことながら、DVDとオモチャを見ることなのですが、DVDコーナーで、アマゾンで買おうと思っていた、「人喰いアメーバの恐怖2」が売っていたので、思わず衝動買いしてしまいました(笑)僕は、スティーブ・マックイーンのデビューでもあるこ の映画の第1作である「絶体の危機(ピンチ)」(TV放映タイトル「人喰いアメーバの恐怖」)よりも、この2作目の方が好きです。いずれ、「SF映画を熱く語れ!」で、語ろうと思っていますが(笑)何と言ってもラストがいいんです(笑)みなさんも機会が、あれば、是非、見て下さい。
☆バンダイの2大マニア向けオモチャ(って、勝手に僕が言ってますが)と言えば、「超合金魂」と「SIC」と思いますが、その「SIC」の、いつ出るかいつ出るかと言われていた「仮面ライダー電王ウィングフォーム」が遂に5月に発売されることになりました。しかも「ホビージャパン」の増刊号である「S.I.C. HERO SAGA 仮面ライダー電王SPECIAL」に同梱されてです。これであと、電王の主なキャラクターでSIC化されていないのは「ジーク」だけになりました。が、バンダイのことなので、「魂ウェブ」限定とか、油断できない販売方法で販売してくるかも知れませんから、また、サイトのチェックで眠れない日々が続きそうです(そんな、オー バーな(笑))では、また。

「仮面ライダーW」を見ながら
バルカン星のダース・ベイダー




テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

ダース・ベイダーの「新・帝国銀河通信」・5

☆もう、ご存じだとは思いますが、アメリカで第82回のアカデミー賞の発表がありました。「アバター」と「ハート・ロッカー」のジェームズ・キャメロン対キャサリン・ビグローの元夫婦対決が話題になりましたが、まあ、あれで結果はよかったのではないかと思います(笑)正直、僕はキャサリン・ビグローの映画は 、あんまりいいものがないと思っているので(アカデミー賞を獲得しようと獲得しまいと)一応、観に行く予定にはしているものの「ハート・ロッカー」が本当にいい映画なのかどうか、半信半疑なのですが、作品賞を獲得した事で、また、日本では大勢の普段、映画を映画館で見ないクセにこういう時だけ、映画館に映画を観に行 く人間で溢れるので、なるべく早く観に行こうと思っています。あっ、そうそう、メイクアップ賞を「スタートレック」が獲得しましたが(メイクアップ賞のプレゼンターに、アバターの姿に変身したベン・スティラーには爆笑しました(笑))アーティストのバーニー・バーマンとミンディ・ホール、ジョエル・ハーロウにメイクアップでどこが難しかったか、聞く事ができたら聞きたいなあと思っている事があります。で、何を聞きたいのかと言うと、意外とスポックの耳が、実は過去のシリーズでメイクを担当した人間全員が全員ではないのですが、シンプルが 故に(?)難しかったと言っているので、今回はどうだったのかな?とうのが聞きたいのですが(笑)

☆日本公開が、この4月から公開される、今回のアカデミー作品賞にもなぜかノミネートされた、ニール・ブロムカンプ監督の「第9地区」ですが、意味は同じですが、なぜ、邦題のタイトルを「ディストリクト9」のままにしなかったのでしょうか?絶対に、こっちの方がカッコイイのに・・・。よくわかりません・・・ ・。

☆やっぱり挫折してしまいました「バトルスター・ギャラクティカ」シーズン4!まだ、始まって4本ぐらいなのに、早くも疲れて見る気が無くなってしまいました。僕はやっぱり「スタートレック」や「ミステリーゾーン」のような1話完結型が性に合っています(笑)これで余程の事がない限り「バトルスター・ギャラ クティカ」は永遠に見ないと思います(笑)では、またね。

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

ダース・ベイダーの「新・帝国銀河通信」・4

☆では、最近観た映画の感想から言ってみますと・・・まずは「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」は、う~ん、ちょっと期待しすぎてしまったか(笑)僕はイマイチでした。って言うか、はっきり言って同じ監督のせいか、観ていてハリポタの二番煎じのような気がして仕方がなかったです。もし、あれば、ニ作 目に期待しませうか(笑)次は「コララインと魔法のボタン」これはとっても僕好みで、面白かったです!ニール・ゲイマンの原作は知らないのですが、ダークな味わいがたまりませんでした!日本ではちょっと作るのは難しいでしょう。ただ、3Dにする必要は僕はないと思いました。お次は非SFですが「インビクタス・負けざ る者たち」は、マンデラ大統領を演じたモーガン・フリーマンが素晴らしい!そして観る者を爽やかな気持ちにさせてくれます。それにしても、イーストウッドは本当にいい映画を撮りますねえ。最後は、これも非SFですが、久し振りに試写会で観ました「シャーロック・ホームズ」スピルバーグ製作、バリー・レビンソン監督の 「ヤング・シャーロック」も面白かったですが、これも、よかったですよ~(笑)血沸き肉躍る、興奮必至の推理怪奇冒険活劇です!原作ファンが観ても十分、面白くできています!続編も決まったようですが、できればシリーズ化してほしいですね。
☆今、地上波で放送している、僕が1番好きなTVアニメは、大阪では毎日放送で毎週日曜の午後5時から放送している「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」です。理由は、ストーリーが面白いのはもちろんですが、何と言っても、柴田秀勝氏や内海賢二氏、家弓家正氏、麻生美代子氏などといったシブ~イ、超ベテラン声優さん達を重要な役どころで起用しているのが非常に嬉しいです。見ていてやはりTVアニメとは言え画面が引き締まります。
☆海洋堂から4月から発売される特撮リボルテック。価格の割には非常によく出来たシリーズで(もう少しだけ大きくして欲しいなあ。と思うのは僕だけか?)みなさんももうご存知だと思いますが、第1弾が「エイリアン」と「大魔神」です。マキノ氏は「大魔神」を買うそうですが、僕は「エイリアン」を買う予定です 。これからも「バラゴン」や「メ―サー車」「ジャイアント・ロボ」「(宇宙の戦士の)パワードスーツ」などなどが発売されるので非常に楽しみです。僕的には「金星ガニ」を出して欲しいですが(笑)では、また。



作品名
月別アーカイブ
clock
プロフィール
マキノ
SFをこよなく愛するペーパークラフトクリエイター
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。