スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターウォーズ世代

「スターウォーズ世代」なるものがあると思う。子供の頃、スターデストロイヤーの下面をなめるように映し出されるド迫力の映像に頭をガツンとやられた世代だ。このブログの管理人「マキノ」も新ブログのメインライターの「バルカン星のダースベイダー」氏も、もちろんどっぷりこの世代だ。
「スターウォーズ」はやはりすごい映画なのです。
そう「スターウォーズ」で全てが変わったのだ。もちろん映画界もSFファンも。
それまでSFと言えば子供向きのチープな物がほとんどだった。もちろん「2001年宇宙の旅」等傑作は数多くある。しかし筆者が「2001年宇宙の旅」を見たのはスターウォーズが巻き起こしたSFブームの中でのリバイバル上映だったし、それまでSFというものをここまで意識させてくれた映画も他に無かった。
興行収入ではなく映画のキャラクターの版権で設ける仕組みを確立させ、ビジネスの常識をひっくり返したのもスターウォーズ。今や映画音楽と言えばオーケストラですが、当時の映画はオーケストラを使わなくなっていたのですが、それを復活させたのもスターウォーズ。
ここらの話は語りだすと本1冊にもなろう内容なので省きますが、あらゆる意味で映画界を震撼させた映画なのです。
なによりもすごいのは一見単純そうなストーリーの奥におそろしく深い世界観が広がっている事です。だから何度見ても楽しめる。いろんな角度から見る事ができる。何度見ても新しい発見がある。本当にすごい映画です。
「2001年宇宙の旅」をあえて別格扱いすれば、間違いなくSF史上最高の映画は「スターウォーズ』」であると言っても異論の無いとこだと思います。中には他の映画を1位に上げる人もいますが、「スターウォーズ」がなければそれらの映画も撮影されてなかった可能性が非常に高いですし、また映画の中身も違っていたことでしょう。その後のSF界を牽引する原動力となる力があった映画ということは間違いないです。
(マキノ)







 

 

 


スポンサーサイト

テーマ : スターウォーズ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

「SF映画を熱く語れ!・番外編・この監督に期待せよ!」

v-17と言う訳で番外編である(笑)。第1回目のこれからのSF映画において期待ができる監督は「スティーブン・スピルバーグ」だ!
「STARWARS」を見たスピルバーグが同じ時期に公開しようとしていた「未知との遭遇」の特撮シーンを追加撮影したのは有名な話だが、普通の監督はまず、そこまでしないだろう。それほどまで、スピルバーグはSFや特撮が好きなのだ。ついでに言うと彼はホラーを自らは監督しないが、その才能は「シンドラーのリスト」のガス室のシーンを見れば、充分備わっていることがよくわかる、正に稀有な才能の持主である。さて、彼は自らも、そしてプロデューサーとしてもSFあるいは、それに準ずる映画を多数、製作している。その全てが必ず成功していて、かつ作品の質も高いとは言えないが、どの作品も「おもしろくない」ということは、まあ、ないだろう。そして、その作品群をよく見ていると三つのことが見えて来るのだ。まず、一つ目は、例え原作や元になるものがあっても、わかりやすいストーリーにするということ。最近ではこれは「マイノリティ・リポート」や「トランスフォーマー」がいい例だろう。二つ目は特撮(スタッフも含めて)に対して理解があること。これはヨーロッパで「シンドラーのリスト」の忙しい撮影中に「フリントストーン1」のスタッフが連絡をしてきても、嫌な顔をせずに必ず結論が出るまで話を続けていたという逸話がある。そして三つ目は、一番最初にも書いた、大のSF、特撮ファンだということだ。これについては「マイノリティ・リポート」の撮影前のインタビューで「SFアクション映画の世界に戻れて本当にうれしい」と発言している。実は普通(笑)の監督はSF映画の撮影は非常に労力を使うので嫌らしい(笑)。事実、レニ―・ハーリンは最初に「エイリアン3」をオファーされた監督だが「特撮が多い」という理由で断っている。FOXがそれでは、と出してきた企画が「フォード・フェアレーンの冒険」と「ダイ・ハード2」だったのだ。そしてそして、見る我々のよなSF映画キ×ガ×に取って、本当にスピルバーグが好きな理由は、どんなSF映画の企画でもスピルバーグなら通りやすい、ということだ(笑)。2010年にプロデュースした「地球最後の日」のリメイクが公開されるが公開されるのは嬉しいが、今更、「地球最後の日」は無いと思うのだが(笑)それもこれも彼の力によるものだ。
現在、スピルバーグは62歳だが、これからも精力的にSF映画を監督、そしてプロデュースしてほしいと思う。
作品名
月別アーカイブ
clock
プロフィール
マキノ
SFをこよなく愛するペーパークラフトクリエイター
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。