スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターウォーズEP5

「帝国の逆襲」が常に人気1位というのが通説になってますが、それは短絡的かと思います。なぜかというと普通に考えて1番なのはやはりスターウォーズ(EP4)だと思うからです。あれだけの偉業を成し遂げたEP4が一番すごい作品なはずですし、脚本的にも一番バランスがとれてまとまっています。EP5で世界観が広がったといいますが、それはEP4あってのこと。
しかし確かに、「帝国の逆襲」は映画としての完成度をぐっと引き上げた作品でもあります。さらに深くなったキャラクター。ベイダーの正体とルークの関係、ハンとレイアのロマンス、そしてヨーダの登場。ただ今では当たり前のようになった感のある中途半端なエンディング。これは今だに頂けない。TVじゃないんだから、続く…はやめてほしい。当時としては大きな決断だったんだろうけど。一般的な評価ではこれでぐっと下がってしまっている。
さて「スターウォーズ世代」は模型を使った特撮が大好きなのです。どれだけ綺麗なCGを見せられようと手造り感漂う模型&合成にかなう物はありません。それを思い知らされたオープニングのスターデストロイヤーの登場シーン。前作に増して精密になったその姿に筆者は圧倒されました。そして前作の絵から今回は模型となったデススター。重歩行戦車スノーウォーカー、もうたまりません。

あと、ウクレレフォースのダースベイダーのマーチはやはり名曲ですね。あの脱力感がたまりません。
(マキノ)







 
   

スポンサーサイト

テーマ : スターウォーズ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

作品名
月別アーカイブ
clock
プロフィール
マキノ
SFをこよなく愛するペーパークラフトクリエイター
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。