スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターウォーズEP6

今回、スターウォーズ旧3部作を今頃語るにあたって、ネット上のいろんな評価を読んでみたのですが、「スターウォーズ」という映画をちゃんと理解しているか否かで評価が大きく分かれるようです。「スターウォーズ」に良い評価を与えない人達は、中身の薄い単なる幼稚な冒険活劇と評します。筆者からすると笑っちゃいます。何にも分かっちゃいないな、と。そうです、これは単なる冒険活劇です。それ以上でも以下でもない。それを徹底的にエンターテイメントに仕上げた。それこそが一番大切なことです。中身が薄い(いや実は相当奥深いのですが)のはストーリーテンポ上じゃまだからです。無理に難解なストーリーを組み込んだ映画で、自分は知的なんだと変な満足感を得るような人達向けの映画ではないんです。まさに当時、子供から老人まで、とキャチコピーに唄われたように、一見単純明快に見せておいて、分かる人にはじつに広大な世界観を持った映画なのです。そしてその冒険活劇にリアリティを与える為に徹底的に作り込まれた特撮映像。新シリーズを観た人達が、旧作の特撮をしょぼいとよく評してますが、何をおっしゃいますか!?当時はこれ以上無い最高ランクの特撮だったのです。オプティカル合成の限界まで挑戦した宇宙戦闘シーンは圧巻です。そして芸術の域まで達した精密な模型群。もう感涙の極みです。スターウォーズを撮ることの為に作られたILM。その恩恵で他のSF映画を観られる事を忘れないでください。

さて、本作ですが、この映画はイウォークが受け入れられるかどうかで評価が大きく分かれたりします。これは新作に登場するジャージャーが受け入れられるか否か、と同じです。筆者に言わせるとイウォークがなければスターウォーズでは無いということです。(当然ジャージャーがいなければスターウォースではないです。)こういう世界感こそがスターウォーズを他のSFと一線を画している理由です。作品的にはEP4のリメイクという形で作られています。(EP1もそうですが)さらに迫力を増した例のデストロイヤーの下面をなめるシーンで始まります。そしてラストは再度デススターの破壊。一番の見せ場はジャングル内を飛びまくるスピーダーバイクでしょう。
皇帝の呆気ない最後が唯一気になりますが、当時はルーカスもEP7~9を作る気満々だったので、その伏線だったのかもしれません。
(マキノ)






     

スポンサーサイト

テーマ : スターウォーズ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

作品名
月別アーカイブ
clock
プロフィール
マキノ
SFをこよなく愛するペーパークラフトクリエイター
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。