スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001年宇宙の旅 デザイン考察

2001年宇宙の旅(以下2001年)は、例外的に評価の高い映画です。当時は難解なストーリーに評論が飛び交いましたが、色々な情報が入る現在、そして2001年の影響を受けた多くの作品で目が肥えたことにより、今あらためて鑑賞するとさほど難解ではありません。
 デザイナーである筆者の立場でこの映画を語るなら、何を置いても「美術がすごい」の一言につきます。40年以上経ってもいまだ色褪せないそのデザインの数々には目を見張るものがあります。こんな映画は未だにあらわれません。

 最初に宇宙ステーションの内部にガツンとやられます。リング状の居住区なのでその廊下は緩やかに曲面を描き、真っ白で統一された空間は日常からかけ離れた宇宙、そしてテクノロジーの進んだ未来というイメージを一瞬で鑑賞者に理解させます。その中で唯一色をまとった家具「真っ赤な椅子」が究極的なバランスでインテリアデザインの素晴らしさを圧倒します。ちなみにこの椅子、「ジンチェア」といい、フランスのデザイナー、オリビエ・ムルグの作品です。
 当然ながら宇宙船のデザインも素晴らしく、今は亡きパンアメリカン航空という位置づけのシャトルは美しすぎるデザインです。そして機能的なアリエス号。それら模型の精度は現在でもまったく抜かれてはいません。むしろ科学的考証の上にデザインされたそれらは、現存するどのSF映画メカよりも説得力があります。それはSFデザイナーがデザインする今時のメカと違い、本物のデザイナーや学者をふんだんに起用したからに違い有りません。
 そして優雅に飛ぶそれら宇宙船の映像はモーションコントロールカメラがまだ開発されていなかた時代の撮影とは思えないほどの完成度です。(実際10メートルを超えるネジを作り1回転ごと回して1コマごとに移動させて撮影するという、想像を絶する労力をかけて撮影された、超ローテク人力モーションコントロールで)今ではとても贅沢で撮影不可能な、超長時間露光(たった1秒間の撮影にも数時間かかる!)による撮影の賜物でしょう。もうクレイアニメなんか比じゃないです。2001年が40年たった今も他の映画に抜かれる事のない超絶映像なのは、この長時間露光撮影によるもの。あまりにも壮絶な技法のため、どんな特撮マンも嫌がり、2001年が最初で最後の技法だろう。今ではCGによって何でもできそうな感じがあるが、実際はそうでもない。マッピングによるディティール描写の方法論では模型撮影を超える事はけしてありえません。どれだけ精密なCG映像でも、嘘っぽく、物理的現物である模型にかなわいのです。(あくまでも今のところ)

 デザインに話を戻すと、宇宙飛行士達が使用している腕時計は、現在も数々の映画に提供しつづけているスイスのハミルトン社によるデザインです。(残念ながらスウォッチグループが買収しましたがブランドは今も現存)モデルX-01として2006年に 2001本限定として発売されましたが、今見てもかっこいいです。
 そして16メートルもの巨大模型で撮影されたディスカバリー号。スターウォーズにも多大な影響をあたえているいわゆるごちゃメカ。しかしデザインはいたってシンプル。脊椎動物的なモチーフもテーマとあっていていい。(ちなみにほとんどの人が「精子」デザイン説をとなえるが、これはたんなる後付け解釈であり、そうすることでストーリーが理解しやすいが為。筆者は「精子」説を否定するものです)

 ちなみにボーマン達が食事で使用するフォーク&スプーンは、AJカトラリーといい、デンマークの巨匠デザイナー、アルネ ヤコブセン氏によるものです。

おっと長くなりそうなので今回はこのへんで、次回はいつかまた。(マキノ)

Flashによる解説がすばらしいサイト。↓

http://www.kubrick2001.com/







 

 

 

スポンサーサイト

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

作品名
月別アーカイブ
clock
プロフィール
マキノ
SFをこよなく愛するペーパークラフトクリエイター
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。