スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイリアン(後編)

一般的に「エイリアン」はSF映画だと言われているが、厳密に言うと、それは少し違う。正しくはSFホラー映画である。この「SFホラー」の「SF」の部分が実は「エイリアン」において大変、重要な役割を果たしている。
それが、即ち、冒頭のブリザードが吹き荒れる惑星にそびえる奇怪な宇宙船と、その宇宙船の内部の描写や、実はアッシュが会社の密命を遂行する合成人間で、リプリーを襲いパーカー&ランバートと死闘を演じ破壊されるところ、ノストロモ号の巨大感を現す描写やDVDの日本語吹き替え版は見ていないので、わからないが 、テレビ版では『おふくろさん』(モリシンイチか!)になっていた搭載コンピューターのマザーとの会話、そして極めつけは、ノストロモ号の思いっ切り時間が掛かる(笑)爆破セットと凄くリアルな、その爆破シーンである。特にこの爆破セットと爆破シーンは、本当に、例え否応なくであっても、船を爆破するというのは 「ヤッターマン」のボヤッキー風に「ポチっとな!」でボタンを押されて爆破すれば、とんでもないことになるので、あんな大きな貨物船を爆破しようとすれば、あれぐらいの長い手順は必要なのだが、その描写を取り入れたのは、やはり斬新で凄いと思うし、爆破シーンも船の規模から考えて、あれぐらいの余韻のようなものが残る必要性があると感じて、取り入れたそれは、「STARWARS」をも越えていると思う。人によってはまだあるぞ!と言われるかも知れないが、これらのシーンは、爆破シーンは別にして(笑)本筋であるエイリアンとの戦いには、直接的には関係が無いし無くても充分、通用する。にも関わらず、これ らのシーンをリアルに丁寧に描いている理由はスタッフが、「怪奇」であるはずのエイリアンの存在を「SF」の表現でもって浮かび上がらすことと、最初にも述べたがSFや怪奇映画が好きだから、本当はここまで見せたいという気持ちの現れ、だと思うのだ。そのスタッフとは脚本のダン・オバノンとロナルド・シャセットの事だ(リドリー・スコットが入っていないのは、彼はこの映画でSF映画に目覚めたが、この映画を撮影するまではSF映画には全然、興味が無かったからである。因みに彼がこの映画の監督を引き受けた一番大きな理由はギーガーの絵が好きだからだそうだ。)二人が共同もしくは、単独で関わっているSF、怪奇映画をちょっと思い出しても 「ブルーサンダー」「ゾンゲリア」「トータルリコール」「バタリアン」「スペースバンパイア」「スペースインベーダー」「マイノリティ・リポート」、カルト作の「ダークスター」等と、確かにみんながみんな、おもしろいとは言えないが、これだけあるのだ。好きであるのは間違いないだろう 。やっぱり、好きなヒトがストーリーを考えると違うのだ。ねえ、ダース・マキノ氏!
そして、「スターウォーズ」の大成功で、もう、いっちょ、やったろか!と思った20世紀FOXは、当然の成り行きで、特撮に、そして美術にもかなりの予算を投じた。結果は、その年のアカデミー視覚効果賞を、同じくノミネートされた「ブラックホール」「007・ムーンレイカー」「1941」「スタートレック」を押さえて受賞するのである。その中で有名な話だが、HR・ギーガーとC・ランバルティ、B・ジョンソン、N・アルダーの4人が表立って受賞したのだが、実はR・ディッケンも受賞している。しかし彼は、ケインの腹を喰い破って飛び出して来る、チェスト・バスターのシーンだけを担当して受賞したそうである。また、アカデミー美術賞には至らなかったが、M・セイモアが美術監督を担当して作った、手の込んだセットも忘れてはならないだろう。これも有名な話だが、あの冒頭に登場する宇宙船とその内部は、宇宙人の死骸と共に、発抱スチロールで、できているというのだから、凄いの一語に尽きる。だが、煙草の不始末で燃えてしまったそうだ。

さて、ご存じの方も多いと思うが、どうやら「エイリアン5」が、リドリー・スコット監督、シガニー・ウィーバー主演で作られるようだ。個人的には、私も一般的に評価が高い「1」や「2」が好きだが「3」も「4」も、好きではないが、そんなにムチャクチャ嫌いではない。ただ、 20世紀FOXの原則としている、シガニー・ウィーバーのリプリーが出なければ作らないというのはやめてほしいと思うのだ。せっかく「3」で死んだのに、無理矢理、「4」でクローンの設定なんか出してきやがって、もう、ええ加減、リプリーはやめてほしい。以前、SF小説、「ニューロマンサー」を書いた、ウイリアム・ギブ スンが脚本を執筆した、本来、「3」の予定であった、ありとあらゆる地球の生物にエイリアンが寄生し、そこから誕生する、六道衆の八葉の老師(これ、何かわかる?)のような怪物エイリアン(しかも、クライマックスで全エイリアンが合体して超巨大化け物になるのだ!嘘ではない!)VS合成人間ビショップ&ヒックス伍長(死んでもたけど)率いる地球チームの一大戦争バトルSFアクションの方が絶対におもしろいと思うから作ってほしいなあ。それと、宇宙船のシーンが「1」以外はなぜか、チャチく思うのでその辺も、きちっと描いてほしいと思う。まあ、リドリー・スコットがやるんやったら期待できそうやから、いいとしよう!
それでは、みなさん、さ~よ~な~ら~♪

バルカン星のダースベーダー
「新スタートレック・第144話・ギャラクシーロマンス」を見ながら。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

作品名
月別アーカイブ
clock
プロフィール
マキノ
SFをこよなく愛するペーパークラフトクリエイター
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。