スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダース・ベイダーの新・帝国銀河通信・2

☆最近観た映画の感想を少し述べますと・・・まず、「アバター」!確かにSF映画として観ると少し?て思ったり、説明不足のところはあると思いますが、むっちゃ面白かったです!さすがキャメロン!僕は3Dで観たのですが、もし観るのならば絶対に、3Dをオススメします!
次は「ラブリーボーン」!原作のファン には少し評判が悪いらしいですが、アリス・シーボルトの原作も読んでいないのですが、ホラーとファンタジイが融合した不思議な感覚の映画でした。これも僕は面白かったです。あっという間に2時間30分が過ぎました。「Drパルナサスの鏡」は「バロン」や「未来世紀ブラジル」が好きなテリー・ギリアムのファンにならば (パワーは落ちていますが)オススメの映画です(笑)
それからイーストウッドの「インビクタス」も非SFですが(笑)いい映画のようなので観ようと思ってます。それにしてもクリント・イーストウッドは、ここ数年本当にいい映画ばかりを監督しますねえ。これからの監督予定作にスーパーナチュラルホラーがテーマの映画があ るらしいので期待したいです。
☆ディアゴスティーニから現在、発売されている東宝特撮DVD。僕も何枚か買いましたが、このあいだ発売された「地球防衛軍」は、リマスターされたものの発売は最初から期待はしていませんでしたが、チト画像が汚かったです(笑)以前、CSで放送されたやつの方が、ずっときれいでした。それでも東宝は今まで、ビデ オにしろ、LDにしろ、DVDにしろ(ついでにブルーレイにしろ)消費者(ファン)に対しては「欲しかったら、買えや!」主義で、後々、発売されたものは違いますが、ろくな特典も付いていないのに、誰が見ても高い値段で平気で売りつけていたのを考えると、(僕は東宝特撮の特典て、あってもあまり見たいとは正直、思いませ んけど(笑))本編のみでも、安価なVersionが発売されるのはファンにとっては、まあまあ、うれしいものです。同じくSFや特撮ではありませんが、ディアゴスティーニから発売されている「東映時代劇」も映画ファンにとっては、貴重と言えば貴重です。なぜなら、東映もやはりビデオやDVDは、リマスターもせず、特典も全然な いのに値段が高いのです。僕は前から欲しかった「十三人の刺客」を買いました。三池崇史監督が秋の公開を目指して現在、リメイク版を製作中なので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、これは傑作です(笑)未見の方は是非、見て下さい。因みに音楽が「ゴジラ」の伊福部昭です(笑)では、また。


スポンサーサイト

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

作品名
月別アーカイブ
clock
プロフィール
マキノ
SFをこよなく愛するペーパークラフトクリエイター
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。