スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴジラシリーズ~ミレニアム編

ではでは、ミレニアム編に行ってみよう。1本目は「ゴジラ2000ミレニアム」である。映画の内容云々よりも、観た人ならわかってくれるとは思うが、なぜ、途中で終わりにしてしまうのだろうか?ゴジラが、まだ、放射能火炎光線を吐いて、街を破壊しているのに、エンディング・ロールが流れるのにはビックリした !アホかと言いたくなる映画である。観る価値など無い。ただ、ビオランテ以降、ずっと課題であった、モスラやキングギドラと言った旧怪獣人気から脱却するべく新たな発想で行った、アニメ風デザインを取り入れたというオルガは、その心意気は買いたいと思う。が、個人的にはいいとは思いません。ゴメンナサイ(笑)
2本目 、「ゴジラ×メガギラスG消滅作戦」ゴジラをブラックホールに飛ばしてしまうという発想はいいと思う。だが、それだけである。田中美里が演じる桐子が、ゴジラの背中に乗って発信弾を撃つシーンなども迫力があっていいと思うのだが、ねえ・・・。
3本目、「ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃」(以下「GMK」)明らかに「東宝特撮怪獣映画」の匂いがする、平成ガメラ3部作を撮った金子修介が、遂に「ゴジラ映画」を監督をするということで、当初から大変、期待された映画であったが、何故か「とっとこハム太郎」と2本立てで上映する事になっていたので、何の予備知識も入れないで観る事にしていた私は正直、不安でいっぱいであった。しかし!その心配は杞憂に終わった!観てビックリ!何と「GMK」は、瞳孔が無い白目のゴジラが、太平洋戦争で死んでいった人間たちの怨念を晴らすべく、人間を殺しまくる一大残酷怪獣映画であった!なので、「ハム太郎」も観に来た子供たちが 泣き出してしまったり、「いつもと違う、凄惨な内容のゴジラ映画」に、途中で劇場から出たりする親子がいたりしたのだが、私はまさか、死ぬまでに(ちょっとオーバーかな?)こんなに「怖いゴジラ」が観れるなんて、思いもしなかったので、もう、凄く、嬉しかった(笑)唯一の不満は、意外と正義の味方がよく似合う(笑) キングギドラの変身シーンがカッコよいのであるが、明らかにCGであるのが、よくわかるのと音楽が大谷幸であることだが(笑)それはいいとして、思うに、私のような意外性を求めるようなファンは嬉しいが、恐らく異色作である、この怖いゴジラの成功は、脚本を金子修介と共同で書いた長谷川圭一と横谷昌宏の参加に寄ると ころが大きいだろう。人間の目線で見た「ゴジラ」の怪獣としての怖さが、よく表現出来ていると思う。この2人は、すでに、過去の作品では「ウルトラマンティガ」や「名探偵コナン」、最近では「仮面ライダーW」や「ケロロ軍曹」といったテレビ特撮やアニメの脚本を手掛けているが、たまには同じような業界の違う「血」を 入れることは、やはり必要なのだ。(横谷昌宏は「クロスファイア」なんかを共同で、すでに書いていたりするけど)現にこのような「異色作」であるはずの「GMK」がミレニアムシリーズの中では1番、大ヒットしており、2002年度の邦画の興行収入でも「ハム太郎」の人気もあるかも知れないが、第3位を記録しているの だ。み~んな!怖いゴジラが観たいのだ!(って、言い過ぎかな?)
4本目、「ゴジラ×メカゴジラ」最初に、この映画の製作を知った時は「えっ?また、メカゴジラ!?しかも、また、同時上映がハム太郎!?」と思ったが、西川伸司のデザインの74年版や75年版をブラッシュアップさせたようなメカゴジラは「カッコエエ! 」と喜んだ。だが、しかし!やはり、メカゴジラだけしか観るところが無い映画であった(笑)
5本目、「ゴジラ×メカゴジラ東京SOS」一般的に、怪獣映画好きな世間と(笑)メカゴジラが好きな私のようなヤツは、この映画を前作の後編と呼んでいるが、正にそう呼ぶに等しい、これもメカゴジラだけを観る映画である(笑)
そして6本目が、現在のところ、最終作である「ゴジラ・ファイナル・ウォーズ」である。生頼大先生の描く「帝国の逆襲」のような構図の告知用ポスターの復活が、まず、うれしかったが(笑)洋泉社刊「東宝特撮総進撃」にも書いてあったが、この映画は正しくリメイク版「怪獣総進撃」である(因みに、私は、別にジェット・ ジャガーを登場させようと、させまいとどっちでもいいんですが(笑))しかも、ライブフィルムで登場した怪獣たちも含めると、何と!21匹も、怪獣たちが登場するのである!内容で言えば、轟天号は、ワタクシ的には、何とも言えないデザインだと思ったけれど(笑)テキサス・チェーン・ソー・ガイガンはカッコヨカッタねえ!それと、北村一輝のX星人も怪演で、ヨカッタ?オカシカッタ?ねえ!まあ色々、文句を言われ、興行成績も、よくなかった映画であるが(笑)北村龍平のホンマに、開き直りのような演出は、私は非常に好感を覚えた。確かに「マトリックス」のような、外国SF映画もどきのアクションシーンがふんだんにあるので、純粋な 怪獣映画ファン(でなくても?)が嫌がる気持ちもよく判るのだが、外様の監督でなければ、こんな映画は出来ないことも事実である。惜しいのは、もう少し早く「大怪獣総攻撃」と共に、こういう異色作を製作してくれれば、マンネリ化の打破及びシリーズの活性化に繋がったのではないかと思うのだが、ねえ・・・・・。
さて、富山省吾プロデューサーは、2013年ぐらいにゴジラの復活を明言しているが、果たして本当に復活するのだろうか?私は別にゴジラの復活は悪くないと思うが、もうそろそろ、本当に、本格的な和製SF映画の製作に臨んで欲しいと思うのだが、それはやはり夢に終わってしまうのだろうか・・・・。
と、ここまで来て、ニュースが飛び込んで来た。すでに、ご存知の方も、いらっしゃるかも知れないが、「ゴジラ対ヘドラ」の坂野義光監督が、東宝とは直接の関係なく(日本の配給は東宝が行うそうだが)以前から製作を始めていたが、完成が危ぶまれていた一部の報道で「ゴジラ対ヘドラ」の続編と言われていた「ゴジラ映画」が、アメリカのレジェンダリー・ピクチャーズとワーナー・ブラザーズが組んで、坂野義光監督が製作総指揮を行い、2012年12月公開に向けて製作を開始した、というのだ。しかも3Dでの公開ということらしいが、少なくとも、ローランド・エメリッヒ版の二の舞は避けてもらいたいものだと思う。

J・J・エイブラムス版「スタートレック」を見ながら
バルカン星のダース・ベイダー




スポンサーサイト

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

作品名
月別アーカイブ
clock
プロフィール
マキノ
SFをこよなく愛するペーパークラフトクリエイター
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。