スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダース・ベイダーの「新・帝国銀河通信」・13

☆相変わらず、暑かったり、寒かったり、よくわからない気温の日々が続いている大阪ですが(笑)みなさん、お元気ですか?
それでは、まず、最初は、以前にも、お話したかも知れませんが、実は世界的にゾンビ&バンパイア・ムービーのブームが続いているのですが(日本に入って来ないのは、その原因が全てだとは言えませんが、シネコンの存在のせいです)その元祖と言ってもおかしくない「フライトナイト」の以前から噂があった 、リメイクが遂に決定したとのことです。因みに旧作は、ILMから独立したリチャード・エドランドのボス・フィルム・スタジオが特撮を担当したりして、なかなかの力作でした。(続編の「バンパイアの逆襲」はイマイチでしたが)で、今回のリメイクは、ドリーム・ワークスが製作を行い、TVシリーズ「バフィー~恋する十字架(吸血キラー/聖少女バフィー)~」のスタッフが参加するらしいですが、僕としては「トワイライト」のような怖くない、ナヨナヨした話より、怖いホラーと特撮が合体した吸血鬼ものの復活を待ち望んでいたの で何よりです。

☆ネット記事などの報道で、すでにご存じの方もいらしゃっるとは思いますが、バンダイより、超合金魂から派生した、「スーパーロボット超合金」という新しい超合金のTOYが発売されます。この8月に「マジンガーZ」と「グレートマジンガー」が発売されるということで、アニメのシーンもバッチリ再現できるよう に、よく動くらしいですが、僕としてはそれよりも、過去に発売した「超合金魂」と「ポピニカ魂」の価格を下げたり、悪かった箇所を改良して発売し直すとかしてほしいと思うのですが。「ジャンボマシンダー」も、もっと安くしてほしいなあ・・・・・。

☆現在、全6巻の内、第1巻~第2巻が発売されています、東京創元社の「日本SF全集」(日下三蔵・編)近年、日本SFのこのような形態の全集は出ていなかったと思いますし、また、全6巻まで読むとザックリとかも知れませんが、日本SF小説の歴史の移り変わりが、理解できるようになっていると思いますので、 これは貴重だと思います。こんなマニアックな全集を出版してくれました東京創元社に感謝です。

☆ルーク・スカイ・マキノ氏から、ジョージ・A・ロメロのインタビュー記事のメールを頂いたのですが、インタビューでロメロは、最近のゾンビ映画に否定的な見解を示していました。中でもゾンビが走るのは、特に彼にとってはダメなようでした。まあ、それはそれとして(笑)ゾンビは人間として生きていた時と同じ 行動をするはずだったと思うので、いいと思うのですが(笑)みなさんも、やはり走るのは、まずいと思われますか?

☆う~ん、残念!残念!現在、アメリカで大ヒット驀進中の「アイアンマン2」ですが、3週連続トップにはならず!1位は、何と「シュレックフォーエバー」!やっぱりアニメは強いのかなあ?

「007・オクトパシー」を見ながら
バルカン星のダース・ベイダー


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作品名
月別アーカイブ
clock
プロフィール
マキノ
SFをこよなく愛するペーパークラフトクリエイター
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。