スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダース・ベイダーの「新・帝国銀河通信」・14

☆段々、ビールが美味しい季節になりつつあるのが、うれしく思う、今日この頃ですが、みなさん、お元気ですか?
さて、まず、最初は、この11日(金)より「アイアンマン2」が公開されますが、以前より、CSで放送されている、アニメ版の「アイアンマン ザ・アドベンチャーズ」などは、マーベルが製作に関与しているにも関わらずイマイチの仕上がりだと思うのですが、この10月より、CSとBSのアニマックスで放送され る「アイアンマン」は、日本のアニメスタジオ、マッドハウスがマーベルとライセンス契約を締結し、アニメ製作を行うのですが、予告を見る限りは、かなり期待ができそうです。しかもマッドハウスは、他にも、「X‐MEN」と「ブレイド」のアニメ化を行い、引き続きアニマックスで放送するようですので、こちらも楽しみで す。

☆僕的には、どこが面白いのか、さっぱりわからない「ヤング・スーパーマン」(何と、第10シーズンまで、続くのには、びっくりしました!)のプロデューサー2人が、僕ぐらいの世代の人間には懐かしい「チャーリーズエンジェル」のテレビシリーズのリメイクを行うそうです。映画版に出演し、プロデューサーも兼任したドリュー・バリモアも、このリメイク版テレビシリーズにプロデューサーで参加するそうですが、あの映画版の感覚で、テレビシリーズをリメイクされるのは、ダメなような気がするのですが。因みに関西では、かつて、読売テレビの日曜の午後10時30分から放送されていた海外テレビシリーズで、SFのジャンルに属する「バイオニック・ジェミー」や「事件記者コルチャック」は、ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、いずれもリメイクされて日本でもCSで放送されたりしましたが、本国アメリカでは、残念ながら短命に終わってしまいました。今回のリメイクはどうなるでしょうか。僕はジェシカ・アルバが出演するのならば見てみたい気もしますが(笑)

☆「トランスフォーマー3」をマイケル・ベイ監督やスタッフの悪口を言ったとか言わないとかで、結局、降板した、僕のお気に入りの女優(笑)ミーガン・フォックスの吸血鬼映画「ジェニファーズ・ボディ」が、めでたく7月30日より公開されます(笑)この映画も前から言ってますゾンビ&バンパイアブームの中の1本なのですが、「JUNO/ジュノ」でアカデミー脚本賞を受賞したディアブロ・コディが脚本を書いているので、期待できそうです。まあ、僕はミーガンの吸血鬼というだけで、もう十分なので、喜んで観に行きます(笑)

☆世界的に興行収入が良かったため「タイタンの戦い」の続編の製作が決定したそうです。但しサム・ワ―シントンは、続編も出演するそうですが、ルイ・レテリエは、続編は監督をしないようです。が、製作のレジェンダリー・ピクチャーズは監督の人選に関しては、ヘマをするような会社ではなさそうなので、その辺は 大丈夫だと思います。しかし、楽しみが、また、増えたことになるので、それはいいことだと思うのですが、どうせなら、ハリーハウゼンの念願の企画だった「シンドバッド火星に行く」を製作して欲しいなあ、と思うのですが。リメイクばかりがいいとは思いませんが、ハリーハウゼンのほとんどの映画を所有し管轄しているコロンビア映画もそろそろ何かしらの動きを見せて欲しいのですが・・・・。

「サザエさん」を見ながら
バルカン星のダース・ベイダー




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作品名
月別アーカイブ
clock
プロフィール
マキノ
SFをこよなく愛するペーパークラフトクリエイター
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。