スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新・帝国銀河通信」・25

☆というわけで、みなさん、こんにちは。
まさか、こうも早く「新・帝国銀河通信」をお届けするとは、実は、思っていなかったのですが(笑)マキノ氏が「今年はガンガン書いてくれるでしょう!」と、おっしゃっていた?ので、何か、ちょっと責任を感じてしまいまして(笑)パソコンに向かった次第であります。で、本当なら「禁断の惑星」の中編か後編をお届けするハズだったのですが、もうちょっと、コチョコチョ書きたいことが、ありましたので「禁断の惑星」は、次回か、次々回になる予定です。

元々、この「新・帝国銀河通信」を書き始めた理由は、今現在、世の中に出回っている、SFやホラー、ファンタジイの映画や小説、アニメ、コミック、アート、音楽、フィギュア、勿論、DVDやブルーレイなどを国内、海外を問わず、僕の独断と偏見で見たり、聴いたりしたものの中で、ええなあ!と思ったり、感じたりしたものを、みなさんに勝手に紹介しようと思ったのがキッカケです。なので(?)責任を負うつもりは一切ありません、というのはウソですが(笑)少しでも、みなさんのチョイスのお役に立てれば幸いです。

☆まずは、大阪では1月21日(土)から、何故、そうなるのか理解に苦しむ、2週間だけの限定公開(泣)の、ドイツのバンパイア・ムービーと言えば、1922年の「吸血鬼ノスフェラトゥ」(1979年のリメイク版もあり)が有名ですが、今回は女の吸血鬼たちが主人公の「ブラッディ・パーティ」です。「パフューム ある人殺しの物語」や「ビタースウィート」のカロリーネ・ヘルフルトが主演の女バンパイアの非哀を描くこの映画。ツイッターでも、このテの映画には珍しくホラーファン以外の一般的な映画ファンの人たちにも非常に評価が高いのですが、それは、恐らく設定が、まだ、斬新なためだと思います。実は、まだ、僕も映画の方は観ていないのですが、ここでそれを書いてしまうと、ちょっと具合が悪いと思いますので(笑)取りあえず、ホラーファンも普通の映画ファンも必見!と言っていいでしょう!「フライトナイト」より、こちらの方がいいと思いますよ(笑)

☆TVアニメです。この1月にスタートしたばかりなので、何とも言えないのが実情ですが(笑)大阪では、読売テレビで、毎週月曜日の深夜1時44分から放送中の「輪廻のラグランジェ」が、オモロそうです。これは日産自動車のグローバルデザイン本部が、ロボット(オービッド)のデザインを担当しているアニメなのですが(僕的には、HONDAの方がいいと思うのですが(笑)) 当然、無報酬では無いとは言え、よく日産がデザインを引き受けたと思います。マキノ氏は、カッコ悪いと言っているこのデザイン。僕は独創的だと思うのですが(笑)世間の評価は、どうなんでしょうか。まあ、ロボットアニメは、キャラクターよりも、どうしても「ロボット」が、魅力的でないと面白くないと僕は思いますので、その辺、よく考えて作って欲しいと思います。

☆僕の世代の人たちにとっては、懐かしい!嬉しい!と思わず叫んでしまう画集が、復刊ドットコム社より1月24日(火)に発売されます。「石原豪人 妖怪画集」(中村圭子・三谷薫・編)がそうです。その昔、河出書房新社のらんぷの本シリーズで、画集が出版されたことが、ありましたが、今回は、価格が、5250円と、大分と高くなった分、凄く豪華になっていると思います(笑)かつてのジャガーバックス社の「日本妖怪図鑑」や「世界妖怪図鑑」(この2冊も復刊してくれよ!古本は、ムッチャ高い!)に登場した妖怪や怪物たちの挿絵に眼が釘付けになり、トラウマになったりした(笑)僕のような、かつての少年だった大人たちは、間違いなく、買い!です。

☆お次は、コミックですが、2013年の秋以降に、別冊少年マガジンに、現在、連載中の諌山創の「進撃の巨人」が、中島哲也監督の手によって、映画化されることは、みなさんもご存知だとは思いますが、「進撃の巨人」も(絵は別にしてね♡)面白いと思いますが、僕は、月刊少年チャンピオンに、現在、連載中の本田真吾の「ハカイジュウ」の方が、どちらかというと好きです。東京の立川を舞台に(京都も出て来ましたが(笑))何てたって、得体の知れないムカデ型モンスターを始めとするモンスター共が、人間を襲い、殺したり、喰ったりする、その様は、読んでいて非常に嬉しくなります(笑)絵も、まだ、上手だと思います。現在、5巻までが、発売中ですが、更なる展開に期待したいと思いま す。そして映像化も是非!

☆最後はフィギュアです。バンダイから発売中のSICレーベルですが、去年の12月に「仮面ライダースーパー1」が発売になりましたが、この4月に「仮面ライダーZX」が発売となり、遂にこれで、昭和ライダー10人が、全員揃うことになりました!って、喜んでるのは、僕ぐらいでしょうねえ(笑)

それにしてもホットトイズのフィギュアは、どれもこれも凄い完成度ですねえ。東京の渋谷にあるホットトイズ東京フラッグシップ・ストアは一回、行ってみたいと、常々、思っているのですが、 僕は今度、発売になる「帝国の逆襲」のルークが欲しいです。でも、それ以上にサイドショウのカンティーナ・バンドのフィグリン・ダンとテドン・ダーハイ、ナラン・チールが、実は欲しいです。誰か買ってくれませんかねえ(笑)特撮リボルテックも、もうちょっと全体的に大きくして欲しいですね。大きくして欲しいと言えば、轟天号も、あれより、もっと大きいものであれば、買ったのですが(笑)何か文句ばっかりですが(笑)超合金魂も、もうちょっと安くして欲しいです(ブラック・ライディーン出し直せ!)って、ええ加減、ボヤいてばかりいても仕方がないので(笑)今日は、この辺で失礼しましょう!


S.I.C. 仮面ライダースーパー1

S.I.C. 仮面ライダーZX

『スター・ウォーズ』 1/6スケールフィギュア 【クリーチャーズ・オブ・ギャラクシー】 フィグリン・ダン (モーダル・ノーズ)

『スター・ウォーズ』 1/6スケールフィギュア 【クリーチャーズ・オブ・ギャラクシー】 テドン・ダーハイ&ナラン・チール (モーダル・ノーズ)





「地球最後の日」を見ながら
バルカン星のダース・ベイダー
スポンサーサイト

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

作品名
月別アーカイブ
clock
プロフィール
マキノ
SFをこよなく愛するペーパークラフトクリエイター
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。