スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・帝国銀河通信・26

☆みなさん、こんにちは。というわけで、すみません。今回は「禁断の惑星」の中編or後編をお届けするハズだったのですが(笑)またもや「新・帝国銀河通信」をお届けします。まあ、でも、普段、モノグサな、この僕が、今のところ、ほぼ、何故か、この「新・帝国銀河通信」を順調に(笑)週刊でお届け出来ていますので、どうか、お許し下さいませませ(笑)

☆まず、最初は、遂に来ました!(笑)何が来ましたって、あーた!第84回のアカデミー賞のノミネート作品が、遂に発表されたのですよ!
注目すべきは、日本でも3月1日より公開される、マーティン・スコセッシの初のファンタジイである「ヒューゴの不思議な発明」が、最多11部門にノミネートされて
いることです!果たして「 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」が、第76回のアカデミー賞で記録した、11部門受賞の記録に並ぶことが、出来るのか?非常に楽しみであります!で、我々のような人間が、一番楽しみにしている、視覚効果賞のノミネート作品は「ヒューゴの不思議な発明」「ハリー・ポッターと死の秘宝PART2」「リアル・スティール」「猿の惑星:創世記」「トランス・フォーマー ダークサイド・ムーン」の以上、5本が、ノミネートされていますが、僕個人としては「トランス・フォーマー」にオスカーをあげたいと思います。その他、(特殊)メイクアップ賞には「アルバート・ノッブス」「ハリー・ポッターと死の秘宝PART2」「マーガレット・サッチャー鉄の女の涙」の以上、3本が。長編アニメ ーション賞には「A Cat in Paris」「Chico & Rita」「カンフーパンダ2」「長ぐつをはいたネコ」「ランゴ」の以上、5本が、それぞれノミネートされています。 この中には、日本未公開であったり、これからの公開予定になっていたりする作品がありますが、みなさんは、どの作品にオスカーをあげればいいと思われるでしょうか?

☆次はTVドラマです。1本目は、東京TBSより一週だけ早く、大阪MBSで、1月19日(木)より筒井康隆・原作の「家族八景」が、スタートしました。が、七瀬を演じている木南晴夏が、別に彼女が悪いわけではないのですが(笑)僕的にはどうしても七瀬に見えないので、残念ながら第一話を見ただけで、早々に見るのをやめることにしました(笑)女優が自分のイメージと合わないからと言っても 、それは、ドラマの本質とは全く別の問題なので、そんなことぐらいで見るのをやめる理由にするのは、オカシイとは思ったのですが(笑)2008年の10月からNHKで放送された、連沸美沙子版の「七瀬ふたたび」に引き続き今回の七瀬も挫折してしまいました。最初にドンピシャ!となったイメージが強すぎたのか(笑)七瀬=多岐川裕美と、強烈にイメージ付いてしまったので、多分、アカンかったと思うのですが。う~ん、僕の多岐川裕美のイメージを覆す七瀬を演じる女優が早く出現して来れることを祈ります(笑)それから、以前から思っていたのですが、ええ加減、七瀬三部作の中で一番スケールが大きい、神と天使が登場する最終作「エディプスの恋人」をドラマか映画にして欲しいのですがねえ。

続いて2本目は、BS朝日で、1月21日(土)の午前2時よりスタートした「Fallen Abgel」です。ストーリーは、科学的に優秀な人間を創ることを目的に非人道的な人体実験を行う闇の組織と、その組織に狙われることになる弟を守ろうとする兄二人の戦いを描いたもので、SF風の医療サスペンススリラーと言ったところです。しかし、このドラマも、すみませんm(__)mまだスタートしたばかりなので、何とも言えないのですが、数学に異常に強い力を発揮する、長兄の翼に、ミュージシャンでもあ りますが、僕らにとっては、2006年の「仮面ライダーカブト」の風間大介=仮面ライダードレイクが、断然、有名な、加藤和樹が演じているのと謎の組織のリーダー「くまちゃん」(笑)に「天装戦隊ゴセイジャー」のアラタ=ゴセイレッドの千葉雄大が演じているのが、多分、注目すべき点だと思います(笑)尚、ストーリーは、李正姫のオリジナル脚本のようですが、この日本でオリジナルSFドラマが製作され、しかも放映され続けることは、本当に難しい面があると思うのですが、何とか打ち切りにならずに続いて欲しいと思います。

☆映画です。1月21日(土)より東映系で、すでに公開が始まっています「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」です。僕らの世代にとってギャバンは、 まだ、マシに思える部類の(特に前半ね♡笑)特撮テレビシリーズだったので、チョットだけ興味があったのですが、予告編に登場する、CGの電子星獣ドルの姿を見てガックリしました。あれであれば、テレビ版のドルの方が、余程、よかったですねえ。どうせ子供が観るから、これぐらいでええか?って、作り手が思っているのかどうかは、わかりませんが 、幾ら予告編だからと言っても、あれでは全く迫力がありません。聞けば、かつてギャバンを見て、現在、親になっている層もターゲットにしているそうですが、果たして、その親たちは、この映画を観に行くのでしょうか?又、観た親たちは良かったと思うのでしょうか?因みに僕は観に行きません(笑)

海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE【DVD】


☆DVDです。この欄で紹介しょうかどうか迷ったのですが(笑)1月25日(水)に、ラン・コーポレーションより「戦慄!プルトニウム人間」のDVDが、発売されました。バート・I・ゴードンが、製作・監督・脚本・特撮を担当した、1957年に製作された巨大物の元祖として、一応、有名なSF映画ですが、残念ながらアイデアは良かったものの特撮のレベルが低いので(笑)どちらかというとマニア向けだと思います。でも値段が1500円と安いので興味のある人はいかがでしょうか?って、買って見ても怒らないでね(笑)一応、当時、ヒットしたので、続編の「巨人獣 プルトニウム人間の逆襲」が製作されたのですが、これもDVDになるのでしょうかねえ?

戦慄!プルトニウム人間 [DVD]


☆こんなことがありました。僕は、仕事柄、地主さんのお宅によく行くのですが、このあいだ、ある地主の方のところへ行ったところ、たまたま、その地主の方が、WOWOWで「ジュラシックパーク3」を見ているところと出くわしたのですが、僕が横目でチラチラとテレビの方を見るので、一緒に見るか?ということになって一緒に見させて頂いたのですが(笑)映画の内容は別にして(笑)あらためて「ジュラシックパーク」の恐竜のCGは凄いなあと思いました。恐竜の眼の作りや表情、皮膚の光沢、筋肉の動きと言えばいいのでしょうか、今見ても、全然、見劣りしないのは、流石!ILM&スタン・ウィンストン!と、心の中で唸ってしまいました。勿論、それはおかしい!とおっしゃる方もいるでしょうが(笑)そう、おっ しゃる方は、一度、是非、BSかブルーレイ・ソフトで「ジュラシックパーク?」をご覧になればいかがでしょうか?では、また、お会いしましょう!

ジュラシック・パーク III [SUPERBIT(TM)] [DVD]

「シンドバッド黄金の航海」を見ながら
バルカン星のダース・ベイダー
スポンサーサイト

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

作品名
月別アーカイブ
clock
プロフィール
マキノ
SFをこよなく愛するペーパークラフトクリエイター
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。