スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターウォーズ・ファントム・メナス

それでは、新三部作を今回から語ってみよう。まず、「スターウォーズ・ファントム・メナス」(以下「ファントム」)は「ジェダイの帰還」が公開されて実に16年振りに公開されたわけであるが、例の歩いているアナキンの影がベイダーになっているポスターが大好きな私は、それはそれは大期待していた のだが期待しすぎていたのか(私だけか?)何とかと言う王宮の奥でのクワイ=ガン&オビワン対ダース・モールのライト・セーバー戦しか「おもしろい」と思うところが無かった。
逆に「なんでやねん」と思うシーンがあったが、それは「スターウォーズ」(以下「SW」)に取っては重要だと思うところだった。例えばアナキンがヨーダをも凌ぐ「ミディ・クロリアン値」の持主であると判明するところ、旧三部作でそれについて登場はおろか言及するシーンも一度も無かった。また、アナ キンの母親のシミ・スカイウォーカーの処女懐胎も、何故の設定なのかわからない。だが、私が最も重要だと感じた「なんでやねん」なところは、ヨーダがなぜ、パルパティーン=ダース・シディアスの存在に気がつかないのか?である。ヨーダは800年も前からフォースを教えているのにも関わらずである。確かにヨーダがそれ を分かってしまうとタイトルの「ファントム・メナス=見えざる脅威」の意味が無くなってしまうので、映画のストーリーが成り立ちにくくなるのは理解できるのだが、それならそれで、パルパティーンがヨーダに匹敵するぐらいの恐ろしいほど強いシス(エピソード4の時点ではシスは地名?星の名前?であった。ベイダーが銀河 中に響かせていた別名、「シスの暗黒卿」はこれに由来する)のマスターである描写が、この「ファントム」の時点であって然るべきだと思う。やはりそれは脚本家としてのルーカスのミスであると思う。そして一般の人たちにはどうでもいい事で熱狂的なファンであるが故の最大の疑問or謎の「オビワンやヨーダが死んだ時は消え たのにクワイ=ガン・ジンはなぜ消えなかったか?」である。
実はこの件に関しては、ルーカスが「エピソード3で解明される」とハッキリと断言していたのだが、その事をエピソード3で幽体?霊体?のクワイ=ガンが説明するシーンがなぜかカットされてしまったのだ。現在、その件についてはエピソード3の小説版やコミック版に(もちろん脚本には現存する)記載 があるので読んだり見たりすれば理解できるのだが、それにしても不親切である。
以上がストーリーに関しての事だが、特撮?CG?的にどうなのかと言うと、これがまた、なのである。私はこれに関してもかなり大期待していた。なぜかと言うとルーカスは以前から「将来はCGが主流になり、俳優もいらなくなる時代が来る。ILMではCGの可能性の追及に余念がない」と発言していた (事実、ILMのCG部門であるピクサーが、まだまだ発展する可能性があるにも関わらず独立してしまう)ので、俳優がいらなくなるかはどうか別にしても、今でこそアメリカで特撮会社は大きいところから小さなところまでたくさんあるが、当時はその数がまだ少なく、また、高い技術力があるところも無かったので、数あるS F映画の特殊視覚効果=スペシャル・ビジュアル・エフェクトを担当するにおいてILMは常にトップをキープしてきたのだ。そして極端な話、ILMが手掛ける特撮は全て「SW」サーガに応用するため、と言っても過言では無いのだ。なのに、である。あの、全体を描いている、ILMが行った割にはリアルで無い、明らかにイ ンパクトが欠けている、CGの「紙芝居」的な雰囲気、と言うか感じは何なのだろう?そう、思い、感じているのは私だけかも知れないが、ユアン・マクレガーやリーアム・ニーソン、ナタリー・ポートマンそれにサミュエル・L・ジャクソンと言った芸達者たちのおかげで私は彼らの演技に集中できたので、ハッキリ言えばこのエ ピソード1を見る事、鑑賞する事ができたのだ。過剰な期待をしていたお前が悪い、と言われるかも知れないが、「SW」についてはどうしても過剰な期待をしてしまうのだ。それはエピソード4~6を見れば明らかだ。あの、何でもないシーンにまでSFマインドを投入する、どう見てもSFマニアが創り上げたとしか思えないそ のシーンの連続はこのテの映画キ×ガ×の私を、いや、全世界のこのテの映画キ×ガ×を狂喜させたのだ。
例によってDVDは少し前に特典なしの3枚組のBOXが発売されたと思うが、やはり、特典なしよりありの方がいいに決まってるので、そちらを買っていない人は買いませう。では、さようなら~♪♪♪「ドラゴンボールZ」を見ながら。

バルカン星のダースベーダー








 

 

 

テーマ : スターウォーズ
ジャンル : 映画

スターウォーズEP6

今回、スターウォーズ旧3部作を今頃語るにあたって、ネット上のいろんな評価を読んでみたのですが、「スターウォーズ」という映画をちゃんと理解しているか否かで評価が大きく分かれるようです。「スターウォーズ」に良い評価を与えない人達は、中身の薄い単なる幼稚な冒険活劇と評します。筆者からすると笑っちゃいます。何にも分かっちゃいないな、と。そうです、これは単なる冒険活劇です。それ以上でも以下でもない。それを徹底的にエンターテイメントに仕上げた。それこそが一番大切なことです。中身が薄い(いや実は相当奥深いのですが)のはストーリーテンポ上じゃまだからです。無理に難解なストーリーを組み込んだ映画で、自分は知的なんだと変な満足感を得るような人達向けの映画ではないんです。まさに当時、子供から老人まで、とキャチコピーに唄われたように、一見単純明快に見せておいて、分かる人にはじつに広大な世界観を持った映画なのです。そしてその冒険活劇にリアリティを与える為に徹底的に作り込まれた特撮映像。新シリーズを観た人達が、旧作の特撮をしょぼいとよく評してますが、何をおっしゃいますか!?当時はこれ以上無い最高ランクの特撮だったのです。オプティカル合成の限界まで挑戦した宇宙戦闘シーンは圧巻です。そして芸術の域まで達した精密な模型群。もう感涙の極みです。スターウォーズを撮ることの為に作られたILM。その恩恵で他のSF映画を観られる事を忘れないでください。

さて、本作ですが、この映画はイウォークが受け入れられるかどうかで評価が大きく分かれたりします。これは新作に登場するジャージャーが受け入れられるか否か、と同じです。筆者に言わせるとイウォークがなければスターウォーズでは無いということです。(当然ジャージャーがいなければスターウォースではないです。)こういう世界感こそがスターウォーズを他のSFと一線を画している理由です。作品的にはEP4のリメイクという形で作られています。(EP1もそうですが)さらに迫力を増した例のデストロイヤーの下面をなめるシーンで始まります。そしてラストは再度デススターの破壊。一番の見せ場はジャングル内を飛びまくるスピーダーバイクでしょう。
皇帝の呆気ない最後が唯一気になりますが、当時はルーカスもEP7~9を作る気満々だったので、その伏線だったのかもしれません。
(マキノ)






     

テーマ : スターウォーズ
ジャンル : 映画

スターウォーズ「ジェダイの帰還」

さて、今回は「ジェダイの帰還」(以下「ジェダイ」)である。この「ジェダイ」は一般の映画ファンからも、SF映画ファンからも旧三部作の中では一番「ダメ」とされているが、私はそうは思わない。あの話の内容から考えて、むしろあれ以上まとめるのは無理だと思うのだ。残念ながら幾つかの「ダメ」と言われている点が目立ち過ぎてしまっているので印象が悪くなっていると思うのだが、その点はまた後で述べたいと思う。当時、私は予備校生であったがほとんど、予備校には行かず映画館や本屋、喫茶店に出没していた。その日もいつものように梅田をブラブラして、腹が減ったのでナビオ阪急に赴き、「古譚」でラーメンを喰い、「何か映画見よう」と思って上の階にある「北野劇場」で映画を見たのだが、何の映画を見たのかタイトルも内容も不思議な事に忘れたが、映画が始まる前の予告編で「ジェダイの帰還」(公開当時の邦題は「ジェダイの復讐」)の予告編を見たのだ。しかし、その予告編で流れたコピーを見てビックリした。「最高のおもしろさで送る完結編!お見逃しなく!」である。確かに間違ってはいないのだが、周囲のあまりSFや映画に関心がない普通の(笑)友人達からは、みな異口同音に「もう、終わるんやろ」と言われて、その度に私は「違うよ、最初は12作、作る予定やったんやけど、それが全9作になってん。今回の完結編と言うのは、その全9作のちょうど真ん中の4、5、6の三部作の完結編て言う意味やねん。」と説明した。後に全9作の製作予定は全6作となるのはご存知の通りだが、私と同じ経験をこのブログのエグゼクティブ・プロデューサーであるマキノ氏もされたと聞いた事がある。

そして遂に公開されたのだが、まず一回目を見て最初に感じた事は、宇宙空間であっちからこっちから戦闘機が飛んで来て、ビーム砲がビュンビュン飛び交って繰り広げられる、ニュー・デス・スター破壊作戦を決行する反乱軍対宇宙戦艦軍団の帝国軍の戦いは凄い!と思い嬉しかったがそれ以外は、う~ん、と言わざるを得なかった。そしてそれは、弟の面倒を見ると言う口実で親から巻き上げた金で見た二回目でますます、確信を得た。それがすなわち「ダメ」と言われている点なのだが、まず、惑星エンドアの一連のシーン、あれはいらないと思う。バイクのところとかC‐3POがイウォークにベイダーのマネを見せたりするところはおもしろいと思うが、子供の層の集客を狙ったのか少し幼稚かなと思った。また、ジャバ・ザ・ハットのアジトへハン・ソロを救出に行くところも、ジャバはルークの「ジェダイの術」が利かなかったので強そうだな、と思っていたがあっさり、レイアに首(?)を鎖で絞められて倒されてしまうし、旧「スターログ」の読者欄にも書いてあったがアジトに巣食う宇宙人たちは、昔の「東映変身怪人番組」に出て来る造形の怪人を彷彿させる出来の悪いものだった。音楽を演奏していた奴らも然りだ(ビブ・フォーュナは好きやけどね)。「帝国」の時にも書いたがボバ・フェットはすぐやられるし、他のバウンティ・ハンターの描写もないしねえ。皇帝を文字通りガードしているあの赤いエンペラーズ・ロイヤルガードは何をしに登場したのかさっぱりわからない。そして、一番「ダメ」だと感じたのがルーク対皇帝の戦いで、皇帝が指先から出すピカチュウの10万ボルトのような青い電撃(ピカチュウの10万ボルトは黄色やけど)は確かにダメージを与えるのだろうけれど、せっかく期待していた皇帝の武器?技?術?をあれだけしか見せないのはいただけないのではないだろうか?ルークの幾度かの「助けて」と言う叫びでダークサイドから「帰還」したベイダーが皇帝を持ち上げて放り投げるところも、いくら皇帝がベイダーの事を信用して油断していたとしても反撃がないのはおかしいと思う。まして、百五十歩ぐらい譲って放り投げられてそのまま落ちて行ったとしても、それぐらいで死ぬ存在とはとても思えない(新三部作を見るとますます、そう思うよ)。だけど、だけどである、私が「ダメ」だと述べた点は多分、この映画の一般的かつSF映画ファンが「ダメ」だと言っている点とほとんど同じだ思うが、その「ダメ」な点をもし丁寧に描くとすると当然、今のようにCGもないので時間もそして、コストも掛ってしまう。だから、ああいうふうにまとまってしまうのは仕方がないのだ。実際、ルーカスはローレンス・キャスダン(当初、単独、後にルーカスと共同)に頭を下げて脚本を頼んだと言う。そう、ルーカス自身も「ジェダイ」の脚本を書くのは至難の業だと自覚していたのだ。
そして、実は、この「ジェダイ」の特撮を完璧に描くことも至難の業であると言うことをルーカスは自覚していて、ILMの三人のスーパーバイザーがこの難局に挑む事になるのだが見事それを成し遂げた。三人のスーパーバイザーとはすなわち、リチャード・エドランド、ケン・ローストン、デニス・ミューレンの三人である。

例によってDVDは例の仕様で(笑)販売されています。えー私は・・・・・一応、持ってます(笑)
では、では、次回は「新三部作」を一気に語る予定です。それでは、さようなら。
(バルカン星のダースベイーダー)








 
 


テーマ : スターウォーズ
ジャンル : 映画

スターウォーズEP5

「帝国の逆襲」が常に人気1位というのが通説になってますが、それは短絡的かと思います。なぜかというと普通に考えて1番なのはやはりスターウォーズ(EP4)だと思うからです。あれだけの偉業を成し遂げたEP4が一番すごい作品なはずですし、脚本的にも一番バランスがとれてまとまっています。EP5で世界観が広がったといいますが、それはEP4あってのこと。
しかし確かに、「帝国の逆襲」は映画としての完成度をぐっと引き上げた作品でもあります。さらに深くなったキャラクター。ベイダーの正体とルークの関係、ハンとレイアのロマンス、そしてヨーダの登場。ただ今では当たり前のようになった感のある中途半端なエンディング。これは今だに頂けない。TVじゃないんだから、続く…はやめてほしい。当時としては大きな決断だったんだろうけど。一般的な評価ではこれでぐっと下がってしまっている。
さて「スターウォーズ世代」は模型を使った特撮が大好きなのです。どれだけ綺麗なCGを見せられようと手造り感漂う模型&合成にかなう物はありません。それを思い知らされたオープニングのスターデストロイヤーの登場シーン。前作に増して精密になったその姿に筆者は圧倒されました。そして前作の絵から今回は模型となったデススター。重歩行戦車スノーウォーカー、もうたまりません。

あと、ウクレレフォースのダースベイダーのマーチはやはり名曲ですね。あの脱力感がたまりません。
(マキノ)







 
   

テーマ : スターウォーズ
ジャンル : 映画

スターウォーズ帝国の逆襲

と言うわけで、今回は「スターウォーズ帝国の逆襲」(以下「SW」と「帝国」)である。この映画は製作に実に3年近く費やされたのだが、当時、中学生だった私は「やっぱりええもんは作るのに時間が掛かるんや」と、ひとりでわかったような事を言っていた。上映が始まるとまず、えっ!と思った。そう、劇場で見た人ならばわかるのだが、例のオープニングタイトルが日本語なのである!なので、これは日本語吹き替え版なのか!?と一瞬、愕然としたが、惑星ホスでのシーンを見てホッとした。この惑星ホスのシーンのロケ部分はノルウェーで撮影したのだが、何と言ってもやはり、AT-ATスノーウォーカーの戦闘シーンが特筆に値するであろう。反乱軍がシールドを張ったのに「どこから入って来るねん」という話はあるが、実際に象をアニメートしたフィルムを基にしてミニチュアで製作を行った動くその姿に「こんなごっつい兵器がある帝国には勝たれへんぞ」と思うと共に全然チャチさを感じさせないその出来にフィル・ティペットの職人気質を感じたのであった。
のちに「レイダース・失われた聖櫃」で流用される惑星ダゴバに登場するヨーダの造形はよかったものの残念ながら、どう見ても私にはヨーダがそんなに強そうには見えなかった(やっぱり油すましでしょ!そんでもってR2-D2とケンカをするところは爆笑!)また、ヨーダがオビワンの幽体(これってなんやったっけ?)に「こいつ(ルーク)には修行は無理だ」というシーンで「私もそうでした」と反論するところがあるが、一瞬、ファンのあいだでも話題になったが私もルークの父親はオビワンだと思った。
そしてそして、ジャガイモで作った小惑星帯に逃げるために突っ込んで行くファルコン号と追い掛けるタイ・ファイターの迫力ある追撃シーンは、どう見ても小惑星帯はジャガイモには見えないシーンであった。一部にはスニーカーも映っているらしいが。そしてそしてそして、スターデストロイヤーでダースベイダーが、バウンティーハンター共にファルコン号捕獲についての説明をしているシーンで私はロボットの賞金稼ぎIG-88にスゴイ期待をしていたのだが、描かれるのはボバ・フェットだった。それでも割とカッコよかったので期待していたのだが、「ジェダイの帰還(復讐やないやろ!以下「ジェダイ」)」であっけなくやられたのはガッカリだった。だが、惑星ベスピンのマット・ペインティングのクラウド・シティはもっとガッカリした。と言うよりこの映画で一番嫌なシーンだった。あの、マット・ペインティングはあかんでしょ!(笑)ディズニーのマット・ペインティング部門のトップだったハリソン&ピーター・エレンショウ父子がやったのに信じられらいぐらい下手だった(まあ、東映の宇宙刑事シリーズなどの「スーパーイラスト」(笑)よりはマシやけど)。しかし、このクラウド・シティで描かれるダースベイダー対ルーク・スカイウォーカーのライト・セーバーの戦いは、当時の何かの本にも書いてあったがせっかくチャンバラスタイルでやるのだから、日本から殺陣師を読んで殺陣をつけた方がよかったのではないかと私も少しは思ったが、なかなか興奮させてくれる戦いであった。これはエピソード4でケノービ対ベイダーの戦いでアニメーターのミスでライトセーバーが時々、光らなくなるのがそのままフィルムになり、取り返しがつかなくなってしまった事に対してのリベンジで入念にエフェクトを施した事も要因だと思う。
「帝国」が今のところトップで「SW」サーガの中で人気があるのはそのストーリーと演出(もちろん本編、特撮共)が優れているからである事は周知の通りであるが、脚本を書いたリー・ブラケット(ローレンス・キャスダンと共同)は「キャプテン・フューチャー」を書いたSF作家、エドモンド・ハミルトンの奥さんであるが、実は当初の脚本通り、映画化はされていない。それはリーが急に亡くなってしまったことで脚本を最後まで単独で完成できなかったせいであるが、当初の脚本の中に登場する「溶岩の海に浮かぶ鉄の城」などは見たかったなあと思う。監督のアービン・カーシュナーは「2作目に強い」と言われているルーカスの師匠的な人であるが、脚本しだいでその力量が発揮できたりできなかったりするので、正に「帝国」はドンピシャだったのだ。また、カーシュナーはスタッフやキャストの心情をよく理解していたと言うが、それは「帝国」において当たり前の事なのだが、スタッフがカーシュナーの指示や意見を聞いていたのに対して「ジェダイ」のスタッフは監督のリチャード・マーカンドの指示や意見を聞かずルーカスに指示や意見を求めていた事からもその高い信頼性がわかり、その力もあって「帝国」が傑作になった要因のひとつとも言えると思う。
特撮はリチャード・エドランドとイギリスから「スペース1999」「サンダーバード」のブライアン・ジョンソンを招き、二人をスーパーバイザーに据えて、デニス・ミューレンをエドランドの下に置きILMのスタッフを統括する形を作った。これはエドランドが当時、「レイダース・失われた聖櫃」に関わっていたからであるが、彼らの仕事ぶりには本当に驚嘆するばかりである。
DVDは例によって初公開版が収録されている2枚組のリミテッドエディションが発売されているが、えー私は前回に言ったように色々な仕様で発売された分を全て所有していますが、この「帝国の逆襲」は鑑賞用にもう1枚所有しています。ダースベイダーだけ見たい時、名作SF映画が見たい時、戦争がしたくなった時、仕事で落ち込んだ時など広く活用しています。最後に音楽について少し語るのを忘れていました。音楽のジョン・ウィリアムスは78年公開の「SW]に続いて、79年公開の「スーパーマン」で再びその感動的でダイナミズム溢れるヒーローの旋律を聞かせてくれましたが、「帝国」では「ダースベイダー(帝国)のマーチ」は一度、聞けば忘れられない重厚で強烈な悪の旋律を謳った名楽曲だと思います。幸い、「SW」全6作は全て音楽を彼が担当したので本当によかったと思います。
では、そういう事で次回は「ジェダイの帰還」です。みなさま、お元気で、さようなら~♪ 「AVP2」を見ながら。
(バルカン星のダースベイダー)






     

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

作品名
月別アーカイブ
clock
プロフィール
マキノ
SFをこよなく愛するペーパークラフトクリエイター
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。